2014年04月26日

とても良い上棟式になりました!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は妻の実家建替え新築工事の上棟式をしました。

IMG_3161.jpg

朝現場に行くと、残りの足場が組みあがっていました。看板シートもばっちりです。

IMG_4033.jpg

組みあがった吉野杉の構造体です。

IMG_3144.jpg

朝から、大工さんたちが垂木をかけて行きます。

IMG_3179.jpg

野地板が貼られていきます。真南で、この屋根に太陽光発電パネルを5.76kw設置します。
影ひとつできない好条件です。屋根の勾配も5.5寸で発電効率のよい角度です。
発電量に期待大です。

IMG_3178.jpg

家の南側です。

IMG_4070.jpg

上棟式をしました。
家の四隅にお清めです。

今日は天気も良く、最高の上棟式となりました。

IMG_3174.jpg

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 16:27| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月25日

上棟、初日が無事終わりました!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は妻の実家建替え新築工事の建前でした。
天気もよく、最高の上棟日和です。

朝、現場に行くとガードマンさんたちがすでに来ていました。

IMG_2980.jpg

今回の工事は狭小地のため当初から心配していたクレーン車の設置も無事出来ました。

IMG_3004.jpg

おかげで歩道を封鎖したりとご近隣さんには大変、ご不便をかけましたが、
おかげ様でなんとか、本日のレッカー作業は順調に出来ました。
怪我や事故などもなく無事建前初日が終わりました。

IMG_2994.jpg

吉野杉の構造材です。通し柱と土台は吉野桧。
管柱や梁桁は吉野杉です。よく乾燥しているので、
こんな大きな構造材もすごく軽いです。

IMG_2995.jpg

一番大きな梁。梁せい390mm、巾120mmの5mものです。一体樹齢何年なんでしょう?
100年は軽く超えていそうです。年輪が細かくつまっています。
これも持つだけなら片手で持ち上がるくらい、
よく乾燥して軽くなっています。(抱えるのはさすがに無理ですが。)

IMG_3063.jpg

これらの構造材がレッカーで吊り上げられていきます。

H26.04 (2).jpg

上棟式は明日行う予定ですが、すでに棟は上がりました。

IMG_3093.jpg

今回は屋根断熱で、240mm断熱層があります。通気層は30mmです。
そのために垂木はSPFの2×12材(38mm×286mm)を使っています。
ケラバ側はあらかじめ組んだものを取り付けます。

H26.04 (8).jpg

IMG_3098.jpg

あとは、455mmピッチで、垂木をかけていきます。
これは、明日の作業になりました。

IMG_3134.jpg

今日はここまで。予定では垂木掛けは終わりたかったですが、
それでも大工さんたちよく頑張ってくれました。

IMG_3043.jpg

お約束の集合写真。
大工さん5人とレッカー屋さんです。

お疲れ様でした。明日も怪我や事故などなく、安全第一でお願いします(*^_^*)

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:51| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月24日

棟上前日!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は朝、先週に申請していた道路許可証を受領しに吹田警察に行ってきました。
というのも明日の棟上でクレーン車を使うのですが、歩道を占拠してしまうので
道路使用許可を申請していたのです。

IMG_2944.jpg

レッカー屋さんとの打ち合わせで、道路使用許可がいりそうだと分かったのが先週の木曜日でした。
申請から許可まで1週間掛かるので、ぎりぎり間に合いました。

今日はそれから、今度のリフォーム物件の段取りを組んだり、
工事中のほかの現場に行ったり、見積り依頼のお客さんとの打ち合わせで、
新築工事の現場には行けませんでした。

でも、大工さんがLINEで写真を送ってくれるので、状況は把握できます。

IMG_2973.jpg

とりあえず、今日は管柱や出来る範囲まで、桁を掛けてくれたようです。

IMG_2974.jpg

明日は、クレーン車での作業です。

IMG_2950.jpg

ちなみに、屋根の骨組み。
屋根断熱仕様で、垂木はSPFの2×12材です。
サイズは38mm×286mmです。垂木の間に、120mmの高性能グラスウール16Kを
2枚重ね計240mm入れるので、垂木のせいがこれだけ必要なんです。

IMG_2949.jpg

これは、事前に加工場で大工さんが、加工したものです。
これも明日、クレーンで吊るして組み付ける予定です。
現場にはいけませんでしたが、加工場には寄って明日の確認です。

明日、明後日と棟上ですが、天気も良さそうで、予想気温も25度と暑いくらいですが、
絶好の棟上日和となりそうです。

あとは、安全第一ですね。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:52| Comment(0) | 妻の実家の建替え

いよいよ明日、棟上げ。御幣を作りました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

いよいよ明日、妻の実家建替え新築工事の 『棟上』 です。

昨日は、棟上にむけて 『御幣』をつくりました。

IMG_2562.jpg

御幣の軸にする木材は、今回、妻の実家で構造体から内装の仕上げ材でもお世話になっている
奈良県吉野の 阪口製材所さんに 吉野桧 を送っていただきました。

IMG_2915.jpg

扇子を組んでいます。

IMG_2904.jpg

こんなふうになります。

IMG_2914.jpg

次に、『奉上棟 〇〇様』と表に書きます。

IMG_2917.jpg

裏にも、上棟の日と、『施工 株式会社いろどりの家』と書きます。
表がまだ乾いていないので、壁に立てかけて書きました。

心をこめて書きました。

IMG_2912.jpg

扇子や紙垂などを取り付けて完成です。

明日25日棟上、明後日26日(上棟式)をします。
楽しみです。

昨日は床合板を貼り終る所まで進みました。
IMG_2921.jpg

今日中に1階柱桁は仮に立てるところまで行く予定です。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 07:00| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月23日

基礎断熱施工です。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

いろどりの家の基礎は、基礎断熱仕様が標準です。
従来は、床断熱といって床の裏側に断熱材を設置するのですが、
いろどりの家では前回のF様邸から、基礎断熱といって基礎で断熱し、
同時に気密を確保し、基礎の床下空間は居室と同じ空間として考えております。

IMG_2846.jpg

断熱材には、A種押出法ポリスチレンフォーム3種bという種類のものを使います。
3種ということで密度が高く熱伝導率は0.028 W/(m・K)で
今回は厚み50mmのものを使用しています。

IMG_2840.jpg

これを基礎の立ち上がり部分と、ベース部分前面に敷き詰めています。

IMG_2861.jpg

いつも気密部材などでお世話になっている、日本住環境さんから
新人研修ということで、今年4月入社のコバヤシくんが現場研修に来ていました。

IMG_2857.jpg

楽しそうに頑張っています。

IMG_2858.jpg

IMG_2862.jpg

日本住環境の気密テープやウレタンフォームなど、自社の製品を使っての実地研修です。
次は断熱材を入れるタイミングで現場にくるようです。
現場での知識が営業に活きるんですね。素晴らしい!!

IMG_2872.jpg

ちなみに木材利用ポイントを使用するので、吉野の桧を土台に使っている写真です。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:43| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月22日

工事の挨拶チラシ

こんにちは、いろどりの家 西田です。

工事の際には、
ご近隣の方に何かとご迷惑やご不便をお掛けするので
ご挨拶チラシを配布させていいただいております。

なかなか明るい時間にご挨拶にお伺いできないこともあり
ポストに投函だけということもありますが、
せめて気持ちが伝わればと、手書きで工事挨拶チラシを作るようにしています。

特に今やっているような新築工事では長期間にわたってご近隣の皆様にはご迷惑をお掛けするので
工事の節目節目でご挨拶チラシを配るようにしています。

今回で、4回目でした。

IMG_2878.jpg

現場のお向かいのマンションの管理人さんに、
またポストに入れることをお願いしていたら、
なんとこれまでのチラシをファイリングしてくれていて、楽しみにしていると。
丁寧に挨拶してくれるから。とのお言葉を頂きました。

最後に『いい家にしてあげてください』と、嬉しかったです。

ちなみにFacebookでも、たまたま私が入っているグループの方が
この現場の近隣にお住まいで、私のチラシを見て頂いていて、
『素敵な家にしてあげてください』と嬉しいメッセージを頂きました。
ありがたいことです。

こうやって、ただの工事挨拶チラシでも ちゃんと見てくれている方がいると
思うだけでも、やる気がでます。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:14| Comment(0) | 日々の事

いよいよ大工さん登場。土台敷きです。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家建替え工事も、いよいよ大工さんが現場に入りました。

土台敷きと言って、基礎の上に土台を敷いていきます。

まずは、墨出しといわれる作業です。

IMG_2747.jpg

土台を敷くにあたって90度(直角)を出します。

IMG_2749.jpg

墨壷で、しるしを付けます。これを墨だしといいます。

IMG_2809.jpg

昨日の朝、現場には吉野の製材所さんから出荷され、プレカット工場で加工された
吉野材が搬入されました。土台には4寸角の吉野の桧を使用しています。

IMG_2796.jpg

大工さんがアンカーボルトの位置にあわせて穴を開けていきます。

IMG_2818.jpg

いろどりの家では基礎断熱が標準施工です。
基礎断熱をするために基礎と土台の気密をとるための土台気密パッキンを使います。

IMG_2822.jpg

土台が敷かれていきました。
昨日はここまで。この後、基礎の断熱施工をしていきます。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:03| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月21日

基礎ができあがりました。

こんにちは。いろどりの家 西田です。

妻の実家建替え工事の 基礎が完成いたしました。

IMG_2760.jpg

先日の配筋検査も終わり、コンクリート打設です。
今回から、いろどりの家では基礎のベースと立ち上がりは一体打ちが標準施工になっています。

IMG_2759.jpg

ベースと立ち上がり部分を一体的に打つことで、その繋ぎ目がなくなります。

IMG_2758.jpg

ベースと立ち上がりを別に打つとどうしても、繋ぎ目ができてしまい
そこから木造住宅の天敵ともいえるシロアリが侵入することがあります。

IMG_2756.jpg

そのリスクを少しでも減らすため、このように一体打ち標準化しました。

IMG_2754.jpg

養生期間をおいて型枠が外されました。
一体打ちなので、コンクリート基礎の表面がきれいです。
このまま化粧でもいけそうなくらいです。

IMG_2739.jpg

あとこれもシロアリ対策です。

長期優良住宅なので設備の配管は、後々交換できるようにスリーブを設けてから
そこに配管を通します。
ここで、この配管のスリーブ管が地中に埋まらないようにします。

IMG_2741.jpg

もちろん後で、配管とスリーブ管の隙間は埋めます。

いよいよ、次回から大工さんが登場です。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 17:53| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月14日

基礎の配筋検査です。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は、妻の実家建替え工事の
瑕疵保険の配筋検査でした。

IMG_2632.jpg

JIOの検査員さんがしっかりとチェックしてくれています。

IMG_2630.jpg

こちらは、宮井建築設計事務所の宮本さん。
今回もお世話になっています。

検査も問題なく無事に終わりました。

IMG_2643.jpg

このあと、残りの型枠を組んでいきます。

IMG_2642.jpg

今回からは基礎の立ち上がり部分とベース部分を一体化してコンクリートを打ちます。
たいてい、ベースを打ってから立ち上がりを打つことが多いですが、
いろどりの家では、この立ち上がり一体打ちを標準としています。

というもの、この方が、手間が掛かるのですが、
ベースと立ち上がりを打ち継ぐと、ベースと立ち上がりの打ち継いだ微妙な隙間ができます。
じつは木造住宅の天敵ともいえるシロアリはこの小さな隙間からでも基礎の中に進入してくるのです。
そのリスクを減らすために、いろどりの家では、
今回から基礎のベースと立ち上がりは一体打ちとしています。

また、給排水の基礎との貫通部分も、立上がりの地面から上の部分にしています。

IMG_2623.jpg

貫通部分が地中にあることでその隙間からシロアリが進入するリスクを減らすためです。
あと、長期優良住宅仕様なので、貫通部分はスリーブになっていて
将来、給配水管の交換がしやすくなっています。

IMG_2653.jpg

型枠も無事に組まれました。明日はいよいよコンクリート打設です。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:47| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月12日

基礎工事が始まりました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

ようやく、この妻の実家建替え工事ブログも基礎工事と、
現実の工程に追いついてきました。
ずいぶん溜めてしまい、まとめ書きをするので、
まるで夏休みの日記をまとめて書いているような気分です。

さて、4月9日(水)掘り方です。

IMG_2465.jpg

地盤改良も終わり、26箇所の天然砕石の杭の表面が見えています。
いよいよ基礎の掘り方が始まります。

IMG_2476.jpg

まずは位置だしです。

IMG_2499.jpg

掘り方終了です。

IMG_2495.jpg 

防湿シートです。

IMG_2541.jpg

捨てコンクリート打設まで終わりました。

4月10日(木)墨出し作業です。

IMG_2555.jpg

基礎の墨出し作業と外周部分の型枠が組まれました。

4月12日(土)鉄筋工です。

IMG_2566.jpg

すごい鉄筋の量です。
しっかりとした基礎になってくれることでしょう。

IMG_2471.jpg

今回、基礎工事をしてくれている笑顔がすてきな基礎屋さんたちです。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:26| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月10日

地盤改良って、ホント大事です。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

先週、吉野へ木配りに行っている間に、じつは地盤改良が始まっていました。

IMG_2368.jpg

吉野から現場へ直行です。
地盤調査の結果があまりいいとはいえないものだったので、かなり気になっていたのがこの地盤改良です。
今回は、HySPEED天然砕石パイル工法という地盤改良の方法を採用しました。

IMG_2410.jpg

この採用に当たっての決め手は、エコ建材ということで、環境への汚染問題や、
セメント系柱状改良をした場合に発生する恐れのある六価クロムなどの心配がないこと、
将来、建替えるときに天然砕石は産業廃棄物として、撤去する必要がないこと。
(セメント系柱状改良は撤去に200万円〜300万円もの撤去処分費用が掛かるとのことです。)
ということに加え、最大のメリットとして感じているのが
液状化現象に対応できるという点です。

液状化しても水分が砕石の間を通り逃げてくれるので地盤沈下などを防いでくれるのです。

IMG_2399.jpg

大きなドリルで、砕石杭を作るために穴をあけます。このあたりはセメント系柱状改良も同じですね。
ここで、設計の4m地中付近で水が出てきました。
かなりショックでした。ドリルでかきだされるドロドロの土・・・

IMG_2369.jpg

4m底には水溜りがあります。

じつは、こういったことはよくあるようです。
セメント系柱状改良では、このままセメントを流し込んでいきます。
天然砕石も同じように、砕石を入れていきます。

IMG_2394.jpg

IMG_2393.jpg

砕石を入れながらドリルを逆回転させ、しっかりそこのほうから詰めていき、
さらに転圧をかけて、しっかりと しめ固めていきます。
こうすることで、そこの部分だけでなく、側面、横の部分にも圧力が掛かるので
全体的に強くなります。

なるほど、これならしたにそこに水があっても しっかりしますね。

IMG_2375.jpg

セメント系柱状改良を大きく違う点は、施工後に強度試験をすることです。
平板荷重試験を行い、設計通りの郷土が出ているかを確認して施工完了という点です。

じつは、セメント系柱状改良は打ったら打ちっぱなしなので、本当に設計どおりの強度が出ているか
分からないのです。まして、今回のように水脈に当たった場合、なおさら強度がでているか不安になります。

今回は、本当にHySPEED天然砕石パイル工法にしてよかったと思います。
今後も建替えをされる方には、この天然砕石パイル工法を薦めたいと思います。
地盤は本当に大事です。
地盤が緩くては、いくら建て物が高い耐震性能を持っていても駄目ですから。

IMG_2414.jpg

これは掘った部分の残土ですが、粘土質の柔らかい土が多く、
これが固い天然砕石にそっくり入れ替わった、そう考えるだけでも
強い地盤になったことが容易に想像できます。

IMG_2442.jpg

2日間、作業してくれた職人さんです。
ありがとうございました。お疲れ様でした。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:05| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月08日

吉野で木配りです。

こんにちは、いろどりの家 西田です。
先週の月曜日、吉野の阪口製材所さんのところへ行って来ました。

IMG_2365.jpg

桜を見に行ってきたわけではありません。

IMG_2272.jpg

妻の実家で使われる構造材をプレカット工場に出荷される前に
一度、自分の目で、木材の確認をしにいってきました。

IMG_2276.jpg

工場の方へ通してもらうと、

IMG_2287.jpg

いろどりの家 I様邸 と妻の実家の材料が
山積みに並べられていました。

IMG_2281.jpg

IMG_2277.jpg

吉野の杉や桧で、妻の実家を建てるわけですが、
構造材に集成材ではなく、無垢を使うので、気になるところは木材の
乾燥具合ですが、阪口製材所さんは、自然乾燥によってしっかり時間をかけて
乾燥させています。

一応、含水率計で計測。

IMG_2295.jpg

すごいですね、10%きっています。平均的に10%前後と非常に感想した材料です。
あんしんです。木材はしっかり乾燥させないまま構造材や仕上げ材として使うと
後々、ひねったり、割れたり、反ったりと狂いが生じやすいのですが、
阪口製材所さんのところでは、しっかりと乾燥した材料を提供してくれています。

IMG_2286.jpg

これは、化粧材で、あらかじめ、どこに使うか製材所さんも選んでくれているのですが、
木配りといいますが、木の木目や表情をみて、使われる場所を入れ替えます。
貼り物の化粧の集成財と違い、無垢材ですから、1本1本、木の表情が違います。

木を見て、『あぁ〜、これは和室に使おう』とか、
『この梁はこの角度から見たほうがいいから、こっちに使おう』とか、
こういう風に、昔なら大工さんが手刻みをするときに木を選んでいたのですが、
これをできることが、実はすごく大事なことです。

阪口製材所さんでは、お施主さんと一緒に来て、気配りをすることができます。
自分の家に使われる木材を事前に確認できる。
これって、じつは凄く幸せなことかもしれませんね。

IMG_2366.jpg

帰りに吉野川の川沿いに咲く桜です。
吉野はこれから本格的に桜ですね。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:31| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月07日

縄張り

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家建替え工事です。

縄張りをしました。

IMG_2040.jpg

これで建て物の配置を確認です。
あと、この後の地盤改良でもこれをしておけば、分かりやすいはずです。

狭小地なので、隣との有効開き寸法がかなりシビアなので、
縄張りをして確認です。

IMG_2036.jpg

解体前にもレベル(水平)は測っていますが、再度確認です。
基礎の設計GLを設定するために、きちんと測っておきます。

南側にヨウ壁があり、じつは以前の状態では2段ヨウ壁になっていたので、
そのあたりを今回は改善しなくてはなりませんでした。
2段ヨウ壁といってもの、土のかぶりは5センチ程度なのでたいした問題ではありませんでした。

IMG_2034.jpg

レベルを測ってると、監督さんっぽいでしょうか?
さぁ、いよいよ地盤改良が始まります。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/


N
posted by スタッフ at 20:11| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月06日

地鎮祭

こんにちは いろどりの家 西田です。

妻の実家建替え工事で地鎮祭を執り行いました。

IMG_1763.jpg

天気もよく、いい地鎮祭になりました。

IMG_1178.jpg

妻の弟たちも着てくれて、盛大な地鎮祭となりました。
禰宜は、島本町の若山神社さんです。

これから始まる工事の安全祈願です。

IMG_1134.jpg

基礎工事の際に、家の中心に鎮める 鎮め物です。

IMG_1789.jpg

最後に、みんなで記念写真。

IMG_1177.jpg

いい地鎮祭でした。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 10:31| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月05日

完成お披露目会をしています

こんにちは。いろどりの家の西田です。

昨日、今日と自然素材系リノベーションの完成お披露目会をしております。

image.jpg

昨日は風がきつかったですね。

image.jpg

お披露目会のお礼と完成のお祝いでお施主様にお花をプレゼントです。

昨日は、Facebookでご招待したご同業者の方や、お施主様のお友達、今現在、新築のお話をさせていただいているお客様など
多くの方に起こしいただきました。

image.jpg

起こしいただきました皆様、ありがとうございました。

image.jpg

昨日は、お披露目会の前にカメラマンさんによる写真撮影も行いました。

image.jpg

これは私が撮った写真です。

image.jpg

住みながらの工事で、お披露目会までさせていただいたお施主様には感謝です。

image.jpg

奥様とお友達の方々です。
昨日はみなさんでK様邸の工事の完成を喜んでいただておりました。

もう1枚。笑顔がいいです。

image.jpg

今日もこれから何名かご予約も頂いております。
ご近所の方にもたくさんご来場頂きたいと思います。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 11:02| Comment(0) | 自然素材系リノベーション工事

2014年04月04日

製材所さんとプレカット工場と打ち合わせ

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家建替え工事では、ブランド化事業の補助金を使います。
ブランド化事業を使うため、いろどりの家では
新住協関西の関西木づくりの住まいというグループに所属しています。

このグループで登録された、地域材供給業者で対象地域材を仕入れる必要があります。

妻の実家では、吉野の阪口製材所さんから
吉野材を供給してもらいます。

そこで、同じくプレカットも登録業者の奈良木建さんでしてもらうことになります。

IMG_1647.jpg

先日、奈良木建さんまで、プレカットの打ち合わせに行ってきました。

IMG_1651.jpg

今回は、いろどりの家からは、私と大工さん。
阪口製材所の阪口さんと、奈良木建さんの中谷さんと 4者打ち合わせです。

なかなかFAXやメールのやり取りでは分かりにくいところを
顔を合わせて図面を見ながら打ち合わせです。

IMG_1652.jpg

色々と課題が見つかりました。やはり打ち合わせは大切です。

IMG_1655.jpg

打ち合わせ後は、プレカット工場を見学させていただきました。

IMG_1660.jpg

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:41| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月03日

地盤調査

こんにちは。いろどりの家 西田です。

妻の実家建て替え工事です。

地盤調査をしました。

IMG_1195.jpg

家を建てるときには必ず地盤調査といって、地盤の固さを調べます。
地盤は本当に大事です。
地盤が弱ければ、建物がいくら耐震性能が高くても駄目です。

たとえば、耐震診断のソフトで現行の建築基準法上の耐震性を持つ住宅(耐震等級1)の
家でも軟弱な地盤で設定すると、倒壊の恐れ有り という結果になります。

地盤は本当に大事です。
建て物を建てる際には地盤調査が義務付けられています。

IMG_1204.jpg

地盤調査は一般的なスウェーデン式サウンディング試験で行います。
どのように調査するかというと、この試験機を用いて、ドリルのような形状のロッドを
地中に貫入して、地盤の固いそうに当たるまでの回転数や貫入深さを測ります。

実は私の今年の初夢は、この妻の実家の地盤調査でした。
というのも、少し地盤に不安のあるところなので。
夢では、深さ8m以上とかなり軟弱な地盤というものでしたが、

正夢とはならなかったようですが、一番深いところで7mくらい
平気で5〜6mという深さに支持層があるという
初夢で見た内容に近い結果でした。

かなり地盤が弱いです。
当然、調査会社の判定結果も、地盤沈下・不同沈下が懸念され、何らかの地盤改良工事が
必要という内容です。

今回は、地盤改良にHySPEED天然砕石パイル工法を採用します。
私が今回、この工法を採用したのは、天然砕石を使うというエコな工法で
あるということと、
最大の理由は、地盤の液状化に対応できるという点です。
HySPEED工法の砕石の杭自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があって
何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減できるということです。

東日本大震災でも地震の影響による地盤沈下や、液状化被害が多く発生しているのですが、
このHySPEED工法によって地盤沈下や液状化が防げたことが、
テレビ番組の『ガイアの夜明け』でも紹介され話題になっている工法です。
http://www.hyspeed.co.jp/topics/television_201111.html

今回は、4.0mの砕石杭を26本打ち地盤の強度を担保します。
これで、地盤は安心です。ちなみに建て物は耐震等級3の耐震性能をもつので
地震に強い家になります。

IMG_1190.jpg

今回、地盤調査をしてくれた方です。ありがとうございました。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:49| Comment(0) | 妻の実家の建替え