2014年08月26日

完成見学会2日目!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

完成見学会の2日目は午後からはあいにくの雨でした。

それでも、たくさんのお客さまにご来場いただくことができ、またまた感謝感謝です。
2日目はずっとご案内で、あまり写真が取れませんでした。

DSC00997.JPG

これは、前日の準備のときに写真。
夕暮れ時の空が綺麗な時間帯です。

DSC01001.JPG

この空の色、きれいですねぇ。

DSC00994.JPG

正面です。

で、玄関ドアを開けると・・・

DSC00989.jpg

かなりいい雰囲気です(*^_^*)

DSC01060.jpg

2階のオープンスペース。

DSC01133.jpg

家具屋さんにお願いしてお借りしたテーブル。手作りオーダー家具屋さんです。
テーブルが入ると、かなりイメージが広がりますね。

DSC01131.jpg

これも家具屋さんが用意してくれた、小物。こういうのがいい感じにしてくれます。

DSC01167.jpg

これは、裏からの写真。いろどりラインが素敵です。

で、ここからが見学会後の写真。

DSC01294.jpg

家族で、杉の床や壁、建具に蜜蝋ワックスがけ大会を行いました(*^_^*)

DSC01238.jpg

義父母に、うちの家内と、子供たち、家内の弟たちも駆けつけてくれました。

DSC01240.jpg

DSC01264.jpg

大工さんとスタッフの東野もうちのイベントに最後までつき合せてしまいましたが、
おかげで、本当にいい思い出になりました。

この施主様での蜜蝋ワックス大会、今後も思い出づくりの一環として、やっていきたいですね。


facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 22:15| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年08月25日

完成見学会1日目

こんにちは、いろどりの家の西田です。

先日、ようやく3月の初めから始まっていた私の妻の実家の新築工事が終わり、
完成見学会をすることができました。

8/23、8/24の2日間、たくさんのご来場いただきました。

長い間、ご迷惑をおかけしていたご近隣様、とくに両隣のお宅に、自治会長さんまで。
本当に、本当にありがとうございました。
また、私が、省エネ住宅に目覚めてから、本当に多くの方と出会い、その出会いのおかげで
ここに【高断熱・省エネ・快適エコ】仕様の家が誕生しました。

※じつは、義父母の理解と協力のおかげで、入居後も、この妻の実家は
いろどりの家のモデルハウスとして、事前予約制で、いつでも見学させてもらうことになっています。

さぁ、見学会 初日の様子です。カメラマン東野による写真でお送りしますね(*^_^*)

DSC01202.jpg

いつもの工事中挨拶看板。この日は、完成見学会バージョン!!

474.jpg

23日の土曜日は雨の予報でしたが、はずれてくれて晴れました。

477.jpg

前回の見学会のときに、あまりに暑かったので、今回はカキ氷を用意して、お・も・て・な・し(*^_^*)

528.jpg

ちびっ子も大喜びです(*^_^*)

483.jpg

玄関にはお祝いのお花。

484.jpg

和室がかなりいい雰囲気です。

485.jpg

好評だった、吉野杉のウッドブロックの壁。

514.jpg

同業者さんもご来場も多数です。感謝。感謝。

531.jpg

午後からは、一般のお客様も多数。

544.jpg

東野もお客さまをご案内!!

489.jpg

今回は、家具屋さんにお願いして、テーブルなどをお借りさせていただきました。
おかげで、リビングのイメージが広がります。

本当に、多くの人の出会いがあって完成した、いろどりの家です。

この家づくりに関わっていただいたすべての人に感謝です。

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 22:02| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年07月07日

現場見学会御礼です!

こんにちは。いろどりの家 西田です。

先週の土曜日は、吹田市で工事中の妻の実家建替え工事の現場見学会を行いました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

IMG_6562.jpg

現場見学会では、気密測定を行いました。
※気密測定とは、家の隙間の量を計る検査です。隙間が少ないほど高性能住宅で
 換気が計画的に行えるようになります。

IMG_6553.jpg

気密測定中の写真です。
結果は、C値0.4cm2/m2 でした。
まずまずの結果でした。
いろどりの家としては、平均0.7cm2/m2を目指していますので、十分な結果です。

※C値とは、1uあたり何cm2の隙間があるかという値です。

IMG_6545.jpg

同業の方もたくさんいらっしゃいました。
また前回の見学会に来ていただいたご近所の方もお越しいただきました。
本当にありがとうございました。

IMG_6568.jpg

IMG_6572.jpg

IMG_6546.jpg

次回は7/20、7/21に完成目前見学会を行う予定です。
またのご来場、お待ちしております。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/



posted by スタッフ at 21:51| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年07月04日

明日は現場見学会です。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

明日は、現場見学会です。
夕方から、現場の片づけをしに行ってきました。

IMG_6527.jpg

大工さんと電気屋さんも一緒に片づけを手伝ってくれました。

IMG_6323.jpg

天井の杉板がいい雰囲気です。

IMG_6529.jpg

ロフトの下の天井も杉板。

IMG_6531.jpg

吹き抜けです。

IMG_6532.jpg

まだ手すりが出来ていないので、仮設のカラーコーンと安全バーを設置です。

明日は、見学会中に気密測定といって、おうちの隙間の量を計測する試験をします。
弊社では高断熱高気密の省エネ住宅にこだわっていますが、この家の隙間、これが少なければ少ないほど
おうちは高性能住宅になり、省エネ住宅になります。

明日の気密測定では、一体どのくらいの数値が出るか楽しみです(*^_^*)

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/


posted by スタッフ at 21:07| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年07月02日

いろどり格子をつくります。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は妻の実家建替え工事で屋外に使用する、ベランダや正面の外壁に貼る飾り格子をつくりました。

IMG_6332.jpg

使うのは吉野杉です。
弊社事務所のファサードでもお馴染みのいろどり格子を、妻の実家でも取り入れます。

IMG_6334.jpg

こんなふうにサイズの違う格子材を凹凸感を出しながら並べていきます。

IMG_6341.jpg

IMG_6361.jpg

面取りや長さを揃えたりなど、細かい加工を大工の村田さんがやっていきます。

IMG_6349.jpg

塗装職人のMさん。
笑顔が素敵です。髪を切ってすっきりしました。

IMG_6368.jpg

こんな感じに塗って、色もサイズもバランスを見ながらランダムに貼っていく予定です。
来週あたりお天気を見ながら外壁に貼っていきます。

完成が楽しみです。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 18:13| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月28日

お洒落は軒先から

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は、樋の工事です。

今回、採用した樋は、ガルバニウムの製品で定評のある、
タニタハウジングウエアさんの雨とい 『スタンダード』です。

IMG_6191.jpg

これは私の勝手な考えなのですが、私は、かっこいい住宅建築は いかに 建具と樋を
かっこよく、さりげなく、納められるか だと考えています。

私は外観をデザインする上で、樋のことまで、考えて設計してこそ、本来の住宅設計だと考えています。
とくに樋は、存在感がないようで、ある。みたいな部分で、けっこう軽視されている部分ではないかと思います。

しかし、お洒落は足元から、ならず、『お洒落は軒先から』で、
ワンポイントさりげなく住宅を着飾ることができるのが、この軒樋のデザインだと思います。

ありきたりの塩ビの半丸や角樋ではなく、デザインのいい樋を使いたいです。

そこで、今回使ったのが、タニタガルバのスタンダードです。
デザインのよさはもちろん、高耐久性が持ち味です。

IMG_6189.jpg

金具は外からは見えない、樋の内側につく、内釣り式です。
この金具で、水勾配をつけます。

IMG_6188.jpg

IMG_6196.jpg

現場で板金屋さんが、加工しています。

IMG_6202.jpg

イケメン職人のI君。
これから、取りつけます。

IMG_6206.jpg

この集水器、これがまたスタイリッシュでかっこいいですね。

塩ビの樋も悪くはないのですが、予算がある場合は、すこし頑張って
お洒落な樋をつけてみては、いかがでしょうか?

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 14:27| Comment(1) | 妻の実家の建替え

2014年06月14日

吉野杉のフローリングを貼ります。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家では、1階のリビングにはアルブルインクさんの
無垢のクリフローリング、オスモカラー仕上げを使っていますが、

2階は吉野の阪口製材所さんの 吉野杉のフローリングを貼ります。

IMG_5370.jpg

今回は吉野杉の一等材を使用しています。節のある材料です。節と言っても
死節といって、抜けてしまうような節はないのですが、
これが、床材によって節の多い少ないがあります。

これを節の多い少ないの程度によって、3種類くらいに仕分けます。

IMG_5372.jpg

中には、節のないムジや、少ない上小といわれるような程度の良い物もあります。

IMG_5369.jpg

これを仕分けて、比較的歩くことの多い通路には、節の少ないものを持って行きます。
(歩いたときに節に靴下やストッキングが引っかからないようにするため)
また、全体のバランスを見ながら、配置していきます。

IMG_5653.jpg

無垢の材料を使うときはこの作業が、一番大事で、一番楽しいときかも知れませんね。

同じ材料でも、使いどころを違えるだけで、ぜんぜん雰囲気が変わったりします。

貼り終えるのが楽しみです。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/


posted by スタッフ at 21:57| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月12日

Q1.0住宅になりました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今、工事している妻の実家をQpexで計算してみました。

IMG_5321.jpg

すこしバージョンは古いですが・・・

計算結果は・・・

IMG_5317.jpg

Q値で、1.212(W/uk)です。
暖房負荷は、19.2kwh/u でした。

なかなかいい数字です。
この大阪のエリアでいうと、これで ギリギリQ1.0住宅です。

付加断熱をしなくても、大阪では
高性能樹脂サッシと、熱交換気扇をいれると Q1.0住宅ができるようです。

ちなみに、このQ値から割り出した、暖房のときにエアコンの容量は、
2.5kwです。6〜8帖用のエアコン1台で家全体を暖められる計算になります。
6帖用1台で全館暖房です。すごいですね。

しかし冷房は6kwくらいいるので、実際は1台では全館冷暖房までは難しいですが。

IMG_5319.jpg

このあたりのエアコンで、10万切るのであれば、これを2台入れるほうが、
イニシャルコスト、ランニングコスト、ともにバランスいいかもしれませんね。
量販店なら、2台目以降、何%オフとかもやっているみたいですし。

1台は床下エアコン。もう1台は小屋裏エアコン。
この組み合わせが関西ではいいかもしれませんね。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 18:38| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月11日

無垢のフローリングと床換気ガラリ

こんにちは、いろどりの家 西田です。

先日、現場に納められた、無垢のフローリングがいよいよ貼り出されました。

IMG_5242.jpg

クリのフローリングです。いい感じです。
かっこいいです。

IMG_5285.jpg

玄関框も、もちろんクリ。これも床にあわせて作ってもらいました。
薄い框です。シュッとしていてかなりいい感じです。

IMG_5222.jpg

そして、床換気ガラリ。

いろどりの家では、基礎断熱が標準仕様なので、この居室と床下空間をつなぐ
床換気ガラリは必須です。

IMG_5287.jpg

この床換気ガラリも無垢です。床との相性抜群。しっくりきます。

この床換気ガラリ、なぜ必要かといいますと、湿気対策です。

基礎断熱といって、基礎と土台を気密パッキンで気密化をし、基礎の内側に断熱材を貼っています。
よって床下空間は外側と遮断されています。
つまり、外からの温度的な影響を受けにくくしているのです。

※基礎断熱のメリット
 地中は外気の温度的な影響を受けにくく年間通して安定した温度になります。
 基礎断熱にすることによって床下空間の温度が一定化される効果があり、
 快適かつ省エネな家づくりに一役かってくれます。

しかしコンクリートは水分を発生します。また床下空間のみの遮断された空間では空気が
循環せず、湿気がこもり、それは木造住宅にとって大きなデメリットとなります。

そこで床換気ガラリを設けることで、居室と床下の空間をつなぎ、
空気が行き交うようにすることで、床下に湿気がこもることを防ぎます。

そして、この基礎断熱には、相性のいい床下暖房システムがあります。
それは、部分的な床暖房ではなく、床全体が暖かく快適になるシステムです。
それが、エアコン1台、しかも普通のエアコンで、できる
『床下エアコン』というシステムです。
まだまだ関西では、一部の高断熱住宅でしか採用されておらず、なじみの少ない
システムですが、

高断熱、高気密、だからこそできる床下エアコン。
詳しくは、また工事が進み次第ブログにて紹介したいと思います。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:10| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月05日

アルブルインクさんの床が現場に入りました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

現場についに、アルブルインクさんの無垢のフローリングが納入されました。

IMG_4922.jpg

京都のアルブルインクさんとの出会いは、今から一年ほど前。

Facebookでアルブルインクさんの事を知り、その投稿から床への強いこだわりを感じ
お会いすることになり、実際お会いして、さらにその床に対しての
強いこだわりを聞かせていただきました。

アルブルインクさんでは、ご本人は、趣味のフローリング屋ですと、言われますが、
そのこだわりようは凄いものがあります。

たった一人で、床材の買い付けから、床材のオスモカラー塗装仕上げ、
そして現場への納入もされています。

それは、すべて自分の手で一環して行うためだそうです。
納品も、運送業者などを使わないのは、搬入中に傷など雑に扱わられないためだそうで。

徹底したこだわりぶりです。

IMG_4923.jpg

アルブルインクさんです。

いろどりの家では、以前カフェirodoriの店舗の床に、アルブルインクさんの床材を
入れていただきましたが、住宅で使うのは、ようやく今回が初となります。

IMG_4929.jpg

仮に床に並べています。

IMG_5016.jpg

廊下とリビングの取り合いの部分。

無垢の床なので、すこし早めに現場に入れて、現場の空気を吸わせます。

早く床が貼られるところが見たいです。楽しみです。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 09:17| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月04日

防湿気密シート貼り

こんにちは、いろどりの家 西田です。

構造見学会も終わり、気密施工の続きです。
いろどりの家では、断熱気密施工は大工さんが行います。

IMG_4895.jpg

防湿気密シートはグラスウールの充填施工ではとても大切な施工になりません。
先日、フィルム付グラスウールの施工法を説明しましたが、望ましいのは
この裸のグラスウールに防湿気密シートを使うやり方です。

IMG_4877.jpg

まず、防湿シートの役割は、文字通り、グラスウールにとっては天敵とも言える
“湿気”を通さないことです。
4人家族が一日排出する水分は10ℓと言われていますが、
この空気中に含まれる10リットルもの水蒸気(湿気)が、
室内の温度と外気との温度差により、冷やされ結露として現れます。

窓などに目に見えてふけるところはいいですが、見えない壁の中でも
同様に結露は起こります。これを壁内結露といい、グラスウールの断熱性を損なうばかりか
カビやダニの温床となり、喘息やアレルギーの原因として、家族の健康を損なう結果となり、
最悪の場合、構造体である柱や梁などの木材を腐らせる恐れがあります。

それを防ぐために、この防湿シートが重要になります。
この防湿シートは高い防湿性能をもち、それだけではなく、
住宅の気密性を高めることにも一役かってくれるわけです。

というわけで、いろどりの家では、この裸の高性能グラスウールと、防湿気密シートの
組み合わせで高断熱・高気密を実現しております。

IMG_4873.jpg

初めてこの施工法をみる大工さんや工務店さんは、口をそろえて
『手間がかかる』『こんな大変なこと』と言います。
確かに、気密シートのジョイント部分は気密テープで処理したり、
先貼りシートをしたり、タッカー止など、手間がかかります。

しかし、私たちはこの手間をおしまず、丁寧にせこうすればその分
きっちんお施主様の住み心地につながることを知っていますので、
手間暇をおしまず、きっちり施工しています。

IMG_4903.jpg

構造用のボルト、これも断熱欠損になる部分。これもしっかりウレタンフォームを吹き付けます。

IMG_4908.jpg

壁を貼れば、見えなくなってしまう部分ですが、見えないところだからこそ
後あと、手直しもできませんし、きっちりすることが大事だと考えています。

IMG_4915.jpg

これは、断熱材と防湿シートとの間に空間ができないように柱面に
ちょうどグラスウールがくるように調整しているところです。

こういうひと手間が大切なんですね。


よくリフォーム現場で壁を解体し、壁内のグラスールを見ますが、
たいてい防湿とか気密とかを考えていない施工のために
カビやほこりで真っ黒になった現場を見ます。とても健康的だとは思えません。

しかし、新住協では30年ものシート気密の実績があり、
正しい施工法で建てられた築30年の高断熱住宅の壁をめくって検証をしており、
どれも、新築時のままのきれいなグラスウールの状態を確認しているという実証まであります。

発砲ウレタン系の断熱材や○○ファイバーもいいのですが、
いろどりの家では、安価で火にも強く30年という実績があるグラスウールが
今のところ、もっともコストパフォーマンスがよいと判断し、
高性能グラスウールと防湿気密シートによるシート気密施工を採用しております。

すべては、健康で快適な暮らしを経済的に実現するために。。。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:01| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年06月02日

構造見学会大盛況御礼!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

昨日は構造見学会の2日目でした。
1日目と比べ、昨日は一般のお客さまよりのご同業の方が多くいらっしゃいました。
ありがとうございました。

IMG_4807.jpg

新住協の関西支部の会員の方もこられたり、
今回、吉野のブランド材を供給していただいた阪口製材所さん、
元YKKapの営業の方で、今は独立された方。
1日目も新住協の方々や、協力業者の方、住宅ローンサポートの方、

本当にこの方々との出会いがあったおかげで、この妻の実家の
【高断熱・省エネ・快適エコ】仕様の家が実現したといっても過言ではないなと
しみじみ思います。

今回、ご参加いただきました皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

IMG_4836.jpg

IMG_4821.jpg

IMG_4846.jpg

IMG_4839.jpg

今回の構造見学会では関係者様以外にも、近隣の方、近所に住む不動産屋さん、
施主である義父の知り合いの電気屋さんなど、いろいろな方に見ていただくことができ、

これからの日本や未来の子供たちのためにも、建て物の省エネ化の重要性、
国産の木材を使うことの意義、などを知っていただくことができました。

はじめて見る高断熱仕様に、義父の知り合いの電気屋さんも、
床下エアコンの仕組みに興味津々で、私の話を聞いて帰られました。

IMG_4808.jpg

会場では、BSジャパンで放映された番組『500年の森と生きる〜吉野発・呼吸する木との約束〜』
を上映しました。阪口製材所さんが紹介されており、その取り組みなどが紹介されています。

IMG_4815.jpg

壁の断熱の模型や、高性能サッシのサンプルなども展示していました。

IMG_4804.jpg

ご来場のお客さんには、吉野材の端材でつくられたお箸をプレゼントさせていただきました。

公開の構造見学会は5/31と6/1で終了いたしましたが、
個別でのご案内は受け付けておりますので、

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

また7月には、公開気密測定と、完成見学会を行う予定ですので、
そちらの方も、ぜひお楽しみに!!


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/




posted by スタッフ at 20:46| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年05月31日

構造見学会1日目終了しました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日も昨日に続き、暑かったですね。今日は構造見学会でした。
たくさんの方にご来場いただくことができました。

IMG_4765.jpg

阪口製材所さんに頂いた、のぼりが風になびきいい感じです。
今日は本当に暑かったですが、建物は高断熱仕様なので中は涼しく快適な温度環境です。
それと風通しのよい設計なので、風が通ると心地よい感じになります。

朝一番から、ご近隣の方がいらっしゃいました。

IMG_4766.jpg

私も貼りきって、奈良の吉野材の事、高断熱の仕様の事、断熱と健康について、太陽に素直な設計である
パッシブデザインののことなど、いろいろと説明させていただきました。
やはり、実物の空間があると、本当に説明しやすいですね。

IMG_4785.jpg

健康で快適な暮らしを経済的に実現する、【高断熱・省エネ・快適エコ】住宅を
じかに体感していただけました。

IMG_4789.jpg

午前は2組のご近隣の方。
午後は、一般のお客様以外にも同業の方、機密部材の日本住環境さん、YKKapのSEさん、
とたくさんの方が見学に来ていただきました。

IMG_4767.jpg

現場には、1階のリビングの室温と床下空間の温度を測る温度計を設置しました。
平均、床下は23〜24℃、室内は27℃〜28℃くらいで、

IMG_4775.jpg

断熱材の裏の野地板の真下の温度と、ロフトの室温も測りました。
高断熱仕様なので、1階、2階、ロフトと、上層階でも平均的に同じような室温でした。
そして、断熱材のない屋根裏の部分が48度。
20℃も断熱してくれています。すごいですね。

IMG_4802.jpg

IMG_4797.jpg

全員ではありませんが、せっかくお集まりいただいたので記念集合写真。

今日は、たくさんの方にお集まりいただきありがとうございました。

見学は明日も10:00〜16:00まで時間内であればいつ来ていただいても構いません。
ぜひぜひ、これからの日本の省エネスタンダードにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

住所等¥、ご案内いたします。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 23:18| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年05月30日

明日、明後日と構造見学会をします。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家新築工事、いよいよ明日と明後日、5/31 6/1に構造見学会を開催します。

前日ですが、今からでもご参加受付いたしておりますので、
ご興味のある方には ぜひぜひ見て行っていただきたいと思います。

さて、現場の進捗ですが、

断熱材には分厚い、柱と同じ厚みの120mm、密度も16Kと高い
高性能グラスウールを使用しております。

IMG_4193.jpg

壁や屋根に余すところなく断熱材が入っています。
この断熱材、分厚いだけあって、その効果絶大です。

温度計で壁に充填されたグラスウールの表面温度を計測しました。

1階、2階の壁、約21度前後でした。
屋根、少し上がりますが、23度前後。

ここで、実験。屋根のグラスウールをめくってみました。

IMG_4261.jpg

野地板の下の通気層のためのルーフスペーサーの表面の温度。
なんと、43度。

屋根の温度差、20度です。
ちなみに屋根の外側の温度は48度前後。

かなり断熱されていることが、確認できました。

断熱材を入れたあとは、

IMG_4680.jpg

気密防湿シートを貼っていきます。

これも、まだまだ関西では見ることはない施工です。

前回のブログでフィルム付グラスウールの入れ方について書きましたが、
フィルム付よりも、こちらの方が防湿性も気密性もよく、
さらにフィルムなしの裸のグラスウールも施工性がよく、防湿シートとの愛称も抜群です。

このあたりの施工をどれだけ丁寧に行えるかが、住宅の性能を左右し、
住まい手の快適性や健康に大きく起因する部分でもあります。

IMG_4724.jpg

南側に、大きな吹き抜けを設けています。

IMG_4727.jpg

パッシブデザインを考えたプランです。

IMG_4753.jpg

南側には大きな開口部を設け、庇の出を調整することで、
夏は日を入れず、冬は日を入れるように設計しています。

これが、あまりエネルギーを使わず、冬を暖かく過ごす秘訣です。

また家全体の断熱性が高いため、大きな吹き抜けを設けても寒くなく、むしろ
温度を一定に保つのに一役買ってくれることになります。

IMG_4749.jpg

電動スリットシャッターです。

これと、ロフトに設けた換気用窓で、重力換気を行い、さらに夏も風通しの良い設計になっております。

見学会中は、電源を入れているので、この電動スリットシャッターが 動いているところが見られるます。

IMG_4728.jpg

壁の断熱の模型も用意しました。

なにかと見所満載の構造見学会です。

これからのスタンダードといってもいい、健康で快適な暮らしを経済的に実現する
いろどりの家の
【高断熱・省エネ・快適エコ】仕様の住宅を
できるだけ一人でも多くの人に見て知って行って欲しいと思います。

明日、明後日の見学会ですが、
今からでもまだまだ受付中ですので、
ご興味のある方は、
お電話0726-678-6177、
メール nishida@irodorinoie.com 
Facebook
ご連絡頂ければ、会場住所をご案内いたします。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/



posted by スタッフ at 20:35| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年05月14日

躯体の検査が終わりました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

昨日は妻の実家の躯体の検査でした。
検査機関と瑕疵保険の検査です。

IMG_3798.jpg

構造の部分の検査です。

IMG_3325.jpg

構造用の金物が正しく図面通り取り付けられているかとか、

IMG_3239.jpg

筋交が正しく図面どおり取り付けられているかとか、

IMG_3396.jpg

耐力壁の釘のピッチも規定どおりかとか・・・

IMG_3793.jpg

そいういった部分の検査です。
ちなみに、今回は外部でも気密を確保するために、構造用合板のジョイント部分にも
気密テープ処理しています。

IMG_3810.jpg

建築確認の検査機関の検査が終わると、瑕疵保険の検査です。弊社ではJIOさんです。
無事、検査も終わり合格です。

検査の後は、今回もお世話になっている宮井建築設計事務所の
宮井先生と 『床下エアコン』について打ち合わせをしました。

IMG_3804.jpg

エアコン1台で、全館冷暖房をするために色々と相談をさせて頂きました。
冬場はエアコンの暖気を床下へ送り、各部屋の床に設置した床換気ガラリを通して
各部屋温度村のない空間を作りますが、夏場をどうするかを考えています。

今回、まだ関西支部では試したことのない方法を使って、夏場、床下エアコンで家全体を冷やす
方法を試みてみます。詳細は現場見学会のときにでも、ご紹介いたします。

あと、現場に断熱材が搬入されました。

IMG_3787.jpg

とりあえず、1/3の量です。

IMG_3813.jpg

パラマウント製の太陽SUN、高性能グラスウール16K120mm厚です。
λ値が0.038W/m・Kです。今回は、これを壁に120mm、屋根には2枚が重ねで240mmいれます。

そして防湿気密シートで覆います。
先ほどの外部での気密処理とあわせて、さらにサッシは樹脂製ですので、
かなりの気密性になるのではと、今から気密測定が楽しみです。

また改めて、ご案内いたしますが、
5/31(土)6/1(日)に、この妻の実家建替え新築工事の
構造見学会を行う予定です。
完成してしまうと、見ることの出来ない部分、気密施工や断熱材、
また今回はブランド化事業や木材利用ポイントも使っているので、
構造材に使われた吉野材の美しい木目も見ることが出来ます。

たくさんのご来場をお待ちしております。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:01| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年05月10日

屋根断熱の通気層

こんにちは、いろどりの家 西田です。

妻の実家の建替え新築工事の様子です。

妻の実家は【高断熱・省エネ・快適エコ】仕様なのですが、
屋根の断熱は240mmとかなり分厚い断熱層になっています。
そして、断熱層と同じく重要な通気層ですが、
今回は、日本住環境さんのルーフスペーサーという商品を使いました。

IMG_3565.jpg

たまごパックのような形をしています。

IMG_3566.jpg

これを野地板の裏に取り付けます。
たまごパックのような形状には理由があって、突起になっている部分野地板にとめることで、
突起のない平らな部分が約3センチほどの通気層になります。

今回も、日本住環境の営業担当の八子さんが現場で取り付け方法を実演してくれました。

IMG_3567.jpg

通気層がどれくらい重要化というと屋根の寿命に直結するくらい重要です。
屋根というのは、とくに室内外との温度差が生じやすい部位になります。
そのために内外の温度差によって湿気が生じます。基本的に断熱材がしっかり充填されているので
大丈夫なのですが、この温度差によって生じた湿気(水蒸気)を逃がすために、通気層が
必要です。また、通気層は棟の部分で外へと、通気が排出される構造になっています。
もしも、通気層がなければ行き場を失った水蒸気が断熱層などで滞留することになり、カビやダニの
原因となり、最悪の場合、湿気で野地板が腐ってしまうなんてこともあります。

というわけで、通気層はとても重要です。

で、よく屋根断熱のときにダンボールのなどを使い、通気層を設けたりしますが、
耐久性とか、透湿性とか、よく分かりません。
このルーフスペーサーはPET不織布でできており、耐熱性、耐湿耐久性、透湿性が
高いとうことなので、採用してみました。

IMG_3575.jpg

次の日、現場に行くと ほぼ前面貼られていました。

IMG_3576.jpg

日本住環境の新人さんのコバヤシくんも頑張って貼ってくれています。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 12:10| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年05月02日

気がつけば棟上から1週間が経っていました。

こんにちは、いろどりの家の西田です。

気がつけば、妻の実家の工事の棟上から1週間が経っていました。

現場の方も進んでいます。

IMG_3328.jpg

棟上の後、大工さんが早速外部の構造用合板を貼り始めていました。
今回の現場は、耐震等級3のため、外部の壁のほとんどが耐力壁となっていました。
開口部以外は全部耐力壁です。

IMG_3325.jpg

続いて、構造用の金物も取り付けられていきます。

IMG_3396.jpg

筋交も入って行きます。

通し柱は桧です。

IMG_3244.jpg

木材利用ポイント用の写真も取ります。

IMG_3401.jpg

羽子板ボルトなど躯体をとめる構造用金物で外部に面するような箇所は
構造用合板を貼る前にウレタンフォームで断熱します。

こういう細かいところの断熱欠損部分をいかにカバーしていくかが
住み心地に直結していきます。

IMG_3406.jpg

屋根には防水のゴムアスルーフィングが貼られました。

IMG_3414.jpg

大屋根です。この大屋根、凄いです。全然影が当たりません。今は足場の影がありますが・・・
太陽光発電システム5.74Kw設置しますが、発電量が今からすごく楽しみです。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:20| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月26日

とても良い上棟式になりました!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は妻の実家建替え新築工事の上棟式をしました。

IMG_3161.jpg

朝現場に行くと、残りの足場が組みあがっていました。看板シートもばっちりです。

IMG_4033.jpg

組みあがった吉野杉の構造体です。

IMG_3144.jpg

朝から、大工さんたちが垂木をかけて行きます。

IMG_3179.jpg

野地板が貼られていきます。真南で、この屋根に太陽光発電パネルを5.76kw設置します。
影ひとつできない好条件です。屋根の勾配も5.5寸で発電効率のよい角度です。
発電量に期待大です。

IMG_3178.jpg

家の南側です。

IMG_4070.jpg

上棟式をしました。
家の四隅にお清めです。

今日は天気も良く、最高の上棟式となりました。

IMG_3174.jpg

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 16:27| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月25日

上棟、初日が無事終わりました!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は妻の実家建替え新築工事の建前でした。
天気もよく、最高の上棟日和です。

朝、現場に行くとガードマンさんたちがすでに来ていました。

IMG_2980.jpg

今回の工事は狭小地のため当初から心配していたクレーン車の設置も無事出来ました。

IMG_3004.jpg

おかげで歩道を封鎖したりとご近隣さんには大変、ご不便をかけましたが、
おかげ様でなんとか、本日のレッカー作業は順調に出来ました。
怪我や事故などもなく無事建前初日が終わりました。

IMG_2994.jpg

吉野杉の構造材です。通し柱と土台は吉野桧。
管柱や梁桁は吉野杉です。よく乾燥しているので、
こんな大きな構造材もすごく軽いです。

IMG_2995.jpg

一番大きな梁。梁せい390mm、巾120mmの5mものです。一体樹齢何年なんでしょう?
100年は軽く超えていそうです。年輪が細かくつまっています。
これも持つだけなら片手で持ち上がるくらい、
よく乾燥して軽くなっています。(抱えるのはさすがに無理ですが。)

IMG_3063.jpg

これらの構造材がレッカーで吊り上げられていきます。

H26.04 (2).jpg

上棟式は明日行う予定ですが、すでに棟は上がりました。

IMG_3093.jpg

今回は屋根断熱で、240mm断熱層があります。通気層は30mmです。
そのために垂木はSPFの2×12材(38mm×286mm)を使っています。
ケラバ側はあらかじめ組んだものを取り付けます。

H26.04 (8).jpg

IMG_3098.jpg

あとは、455mmピッチで、垂木をかけていきます。
これは、明日の作業になりました。

IMG_3134.jpg

今日はここまで。予定では垂木掛けは終わりたかったですが、
それでも大工さんたちよく頑張ってくれました。

IMG_3043.jpg

お約束の集合写真。
大工さん5人とレッカー屋さんです。

お疲れ様でした。明日も怪我や事故などなく、安全第一でお願いします(*^_^*)

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:51| Comment(0) | 妻の実家の建替え

2014年04月24日

棟上前日!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は朝、先週に申請していた道路許可証を受領しに吹田警察に行ってきました。
というのも明日の棟上でクレーン車を使うのですが、歩道を占拠してしまうので
道路使用許可を申請していたのです。

IMG_2944.jpg

レッカー屋さんとの打ち合わせで、道路使用許可がいりそうだと分かったのが先週の木曜日でした。
申請から許可まで1週間掛かるので、ぎりぎり間に合いました。

今日はそれから、今度のリフォーム物件の段取りを組んだり、
工事中のほかの現場に行ったり、見積り依頼のお客さんとの打ち合わせで、
新築工事の現場には行けませんでした。

でも、大工さんがLINEで写真を送ってくれるので、状況は把握できます。

IMG_2973.jpg

とりあえず、今日は管柱や出来る範囲まで、桁を掛けてくれたようです。

IMG_2974.jpg

明日は、クレーン車での作業です。

IMG_2950.jpg

ちなみに、屋根の骨組み。
屋根断熱仕様で、垂木はSPFの2×12材です。
サイズは38mm×286mmです。垂木の間に、120mmの高性能グラスウール16Kを
2枚重ね計240mm入れるので、垂木のせいがこれだけ必要なんです。

IMG_2949.jpg

これは、事前に加工場で大工さんが、加工したものです。
これも明日、クレーンで吊るして組み付ける予定です。
現場にはいけませんでしたが、加工場には寄って明日の確認です。

明日、明後日と棟上ですが、天気も良さそうで、予想気温も25度と暑いくらいですが、
絶好の棟上日和となりそうです。

あとは、安全第一ですね。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:52| Comment(0) | 妻の実家の建替え