2017年03月01日

和室の壁リフォーム工事

和室の壁のリフォームをさせていただきました。
昔ながらの壁が土壁で、じゅらく、わた壁などの場合のリフォームです。
こういった和室の壁のリフォームは大きく分けて二通りのやり方があります。
じゅらくなどを一度、はがしてまた 新しいじゅらくなどを塗って仕上げる方法。
オーソドックスなやり方です。左官屋さんによる塗り替えです。
もうひとつは、クロスを貼る方法です。こちらは、質感は左官仕上げに比べ見劣る部分はあるかもしれませんが、コストが抑えられるというメリットがあります。あと、クロスなので工夫次第でいろいろな仕上げにする事が出来ます。また、クロスでもじゅらくを塗ったクロスもあるので、自由度も高いです。

IMG_2343.jpg

今回は、じゅらく壁にクロスを貼るというリフォームです。

IMG_2474.jpg

クロスを貼るといっても、じゅらく壁に直接クロスを貼るわけではありません。
クロスの下地として、ベニヤ板を貼ってからクロスを貼ります。
直接、クロスを貼るとすぐにめくれてしまうからです。それと、一度下地としてクロスをはると
次にクロスを張り替えるときには、今回貼ったベニヤ板はそのまま使えるので、2回目以降のクロスの
貼り替え代が安くなります。

IMG_2748.jpg

IMG_2751.jpg

クロスのほかに、襖と障子紙を張り替えて綺麗な和室に仕上がりました。


○株式会社 いろどりの家(工務店) 
・HP http://irodorinoie.com  
・Facebookページ  https://www.facebook.com/irodorinoie2013/
・現場Blog http://irodorinoie.sblo.jp
・スタッフ日記 http://irodori-staff.sblo.jp
○カフェirodori(フレンチトースト専門店) 
・HP http://cafeirodori.com/index.html
・Facebookページ  https://www.facebook.com/casual.french.cafe.irodori/
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装リフォーム工事

2015年06月03日

マンションのリフォームでFacebookを使って打ち合わせ(*^^*)

こんにちは、いろどりの家 現場監督兼社長の 西田です

今日から関西も梅雨入りですね。平年よりも4日早い梅雨入りだそうです。
もう真夏のように暑い日がありますが、これから湿度も上がり蒸し暑くなってくるんですねぇ(^-^;
大変です。

さて、マンションのリフォームの進捗です(*^^*)

今日からクロスやさんも入っています。

大工さんは、洋室3部屋のフローリング貼りが終わっていて、巾木をこれからつけるところです。

1544446_668729943258517_6574261123884250549_n.jpg

リビングのクロスの一部分を変えて、アクセントにします。
それを、梁まで入れるのか、梁の下でアクセントクロスを貼るのか?と職人さんから聞かれました。

そこで、文明の利器、Facebookの登場です。
お施主様に、メッセンジャーで、アクセント部分の壁の写真を送り、
貼り分け位置の確認をしました(*^^*)

11393028_668729949925183_29308184650279111_n.jpg

一応、梁下で貼り分ける方が良いと思いますと、お伝えし、結果的にそうすることになったのですが、
現場から、お施主様にダイレクトに写真やメッセージが送れるのは、
非常に便利だなぁと、改めてSNSの便利さに感心しました(*^^*)

11140262_668729966591848_1255004584166797536_n.jpg

11150477_668729976591847_2264665442427402506_n.jpg

そして、他の部屋など、現在の進捗状況をお伝えし、
なかなか現場に行けないお施主様からすると、これについて、
安心だというお言葉を頂きました。

最近、少しずつですが、お客様ともFacebookで、つながることが増えてきました。
こうやって、うまくSNSを使ってお客様に現場の進捗状況をお知らせできる、
すごい時代になってきました(*^^*)



facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!


いろどり通信バックナンバーはこちら
右斜め下http://irodoritusin.sblo.jp

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装リフォーム工事

2014年10月30日

かっこいい和室になりました。

こんにちは、いろどりの家の 西田です。

和室のリフォームをさせていただきました。

茶室の畳の表替え、障子の貼り替え、壁に湊紙を貼らせていただきました。

IMG_0771.jpg

ちょっと写真が暗いですが、かなりいい雰囲気です。壁のじゅらくは塗り替えていないのですが、
湊紙を貼るとかなり、イメージが変わりました。

IMG_0768.jpg

いつもお願いしている表具屋さんです。
ちょうど湊紙を貼っているところです。

IMG_0775.jpg


ところで湊紙ってご存知ですか?みなとがみ と読むんですが、
和服で帯を締め、座った際に、帯で壁を傷つけないようするためだと聞きました。
で、なんで湊紙というかというと、この湊紙の産地が今で言う大阪の堺市にある、湊町だったからだということです。
ちなみに壁に貼る湊紙は、表具屋さん曰く、固いものよりも柔らかい方がいいらしいです。
柔らかい方が壁になじむからでしょうか?

あと、もう一室、和室があり、縁側との間の障子を、摺り上げの雪見障子に取り替えさせていただきました。

IMG_0760.jpg

材料には、桧を使い、建具屋さんが現場調整で加工していると、桧のいい香りがしてきました。
ちなみに、障子の下の板の部分は屋久杉の突き板貼りです。かなりいい雰囲気が出ています。

IMG_0763.jpg

障子が入りました。

IMG_0764.jpg

ちなみに、下の板の高さはどういう風に決まっているかというと、
座ったときに、縁側の床が見えない高さで、お庭だけが見えるようになる高さだそうです。

湊紙にしても、雪見障子にしても、やはり和室は座った時を基準に作られているんですねぇ。
和室は奥が深いです。

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:42| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2014年08月29日

リビング改修工事をしています。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

お盆明けから、事務所の近所で3階建てのおうちの2階リビングの改修工事をさせていただいております(*^_^*)

IMG_4562.jpg

施工前です。

もともとリビングと和室が区切られており、この間仕切りの壁を取り払い、リビングを広くしたいとの
ご要望でした。

当初、現場下見をした際には、この取りたい壁というのが構造上必要な壁ということが
分かり撤去するのは難しいという判断でした。
また、新耐震基準で建てられた住宅で、構造計算もされ、完了検査もちゃんと受けられたお宅です。
これの構造を触るのは、非常にリスクがあり、施工後も安心できるようにと
構造計算をすることをご提案しました。その上で安全を確認し、リフォームの瑕疵保険も申し込み、
工事中の検査も受ける事をご提案しました。

IMG_8897.jpg

これが今回の計算した構造計算書です。応力度計算で構造計算しているので計算書が凄い量です。
でも、この計算をしたおかげで、当初、撤去するのが難しいと考えていた壁を、
他に補強をすることで、撤去できることになりました。

IMG_8429.jpg

IMG_8392.jpg

これが、撤去したかった壁です。柱と筋交が入っています。
これを、梁を補強したり、他に体力壁を増やしたり、構造のバランスを保ちます。

IMG_8613.jpg

既存の梁の下に、補強の梁をいれます。これで、
もともと梁せい300mmがプラス150mmで計450mmの梁になります。
これで、柱のかわりに上階の加重を受けます。

IMG_8557.jpg

また頬杖をつけたり、添え柱を入れたり、

IMG_8668.jpg

筋交を入れたりします。

これで、奥様の念願の、大空間のリビングになりました(*^_^*)

構造計算って大事ですね。

IMG_8666.jpg

リフォームJIOの検査です。無事、合格です。これでもう安心です。

IMG_8868.jpg

壁がなくなり、ひろいリビングになりました。
今度は内装の仕上げにかかっていきます。
床は、ナラの無垢フローリング。窓枠材には、吉野杉、建具もお洒落なドアが入る予定です。
仕上がりが楽しみです(*^_^*)

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/


posted by スタッフ at 22:04| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2014年05月17日

仏間を作る工事をしました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

和室の押入れを仏間に改修する工事をしました。

IMG_3559.jpg

もともとは開き扉の押入れでした。
襖をとると、中段と枕棚がありました。

IMG_3560.jpg

今回、こちらにお仏壇をおきたいとのご相談を受け、そのままでの中段の高さでは
高すぎるので、中段や枕棚を撤去し、中の壁を漆喰で塗りなおし
地袋を設けて、仏間に改修するご提案をさせて頂きました。

IMG_4008.jpg

かなり自然な感じに納まりました。

IMG_4012.jpg

仏間に両開きの襖を折り戸にして取り付けました。
内側には、可愛らしい雰囲気のお花の襖紙です。
外側は、無地。

IMG_4014.jpg

お仏壇が入ると、基本的には開き襖は、開けっ放しになるので、
折り戸にして、出幅が半分になるように工夫しました。
これなら、開いていても、あまり圧迫感はありません。

IMG_4015.jpg

地袋も両開きです。引き違いも出来なくはないですが、座布団をいれるので、
引き違いではなく、このようにさせて頂きました。
方立てになる付け柱や、中段棚板の桁には、
吉野ブランドの桧を使っています。いつもお世話になっている阪口製材所さんの用意してもらいました。

もともと仏間だったかのように、かなり自然ないい雰囲気の仏間ができ、
お施主様にも大変喜んでいただきました。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:38| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2014年02月06日

玄関の床を貼り替えました

こんにちは、いろどりの家 西田です。

自然素材系リフォームの合間にも、他の工事をしています。

先日は玄関廊下の床の貼り替えです。
性格には、既存の床の上に新しい床材を重ね貼りします。

まずは施工前の状態
所々、ぶわぶわして床が抜けそうになっていました。

image.jpg

カーペットをめくり、部分的に床が悪くなったところを補強します。

image.jpg

リフォーム框と言って、既存の框の上に被せるタイプの框です。

image.jpg

次々に床が重ね貼りされて行きます。
ここで使用した床材は、弊社ではお馴染み
PanasonicのリアロシリーズのジョイハードフローリングAです。柄はリアロチェリー。

image.jpg

仕上がりました。
このくらいの施工範囲だと1日で作業は終わります。

image.jpg

綺麗に仕上がりました。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:03| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年10月23日

玄関にリアロの床材を貼りました。

先日、行った玄関床のリフォームのアフター写真です。

以前、作業中の写真を紹介していましたので、
完成後をご紹介します。

IMG_5558.jpg

これは、工事中です。
大工のAさん。今は、新築のF様邸の工事をしてくれています。

IMG_5680.jpg

工事中のと同じアングルです。

もう一枚。

IMG_5687.jpg

無垢の風合いがセールスポイントの床材です。
リフォーム工事では、既製品を使った家の部分改修などが多いので、
つかう材料は既製品を使うのですが、こういった雰囲気がすごくいいですね。


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:45| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年10月22日

先月行っていた内装改修工事の写真が届きました。

先月、行っておりました和室を洋室にする工事の完成写真です。

今回は、プロのカメラマンの方にとっていただいたのですが、その写真が手元に届きましたので
ご紹介したいと思います。

まずは以前紹介した、工事前から工事中の写真です。

IMG_4099.jpg

IMG_4103.jpg

IMG_4109.jpg

IMG_4126.jpg

IMG_4235.jpg

IMG_4312.jpg

プロのカメラマンさんに撮ってもらっているところの写真です。

IMG_4861.jpg

さぁ、いよいよプロの写真です。

01_正面A.jpg

すごくきれいに撮っていいただきました。

02_正面B.jpg

別アングル。

03_見返しA.jpg

反対側。

06_ドア閉めA.jpg

廊下への扉。

05_ドア開きA.jpg

扉が開きました!!

09_廊下A.jpg

廊下。

IMG_5268.jpg

これは私がiPhoneで写した写真。

ぜんぜん違います。(当たり前ですが)

これからは、大きな改修工事や、新築工事などは
プロの方にお任せしようと思います!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:03| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年09月12日

現場の進捗です。

おはようございます。

今日は、午後から『あきない実践道場』なのでブログは朝のうちに書きたいと思います。

先日、紹介した和室を洋室にする工事の進捗を紹介します。

前回は床の下地、根太までできたところまでだったかと思います。

その続きですが、

IMG_4238.jpg

根太を受ける大引きという角材を、鋼製束で支えます。以前は、気の束でしたが、それを交換しました。床の水平(レベル)も悪かったですが、床の下地からやり替える事で
今度は水平になりました。

IMG_4235.jpg

次に床断熱材です。今回はスタイロフォームを使いました。
その上に、構造用合板を貼り、フローリングの下地とします。

IMG_4309.jpg

もう養生していますが、少し見えているのが、
パナソニックのジョイハードフロアーAリアロのチェリー柄です。
今回は建具もリアロシリーズを使います。

IMG_4239.jpg

この部屋の上は下屋部分になりますので、天井にも断熱材を入れます。
ちなみに壁は土壁なので、断熱は土壁を活かしたいと思います。

IMG_4312.jpg

天井の下地もでき、次は壁ですね。

IMG_4322.jpg

IMG_4325.jpg

今回は建具もリアロシリーズです。なかなかいい柄です。


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:56| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年09月05日

和室の改修工事が始まりました。

今週の初めから和室の改修工事が始まりました。

今日で4日目です。

4畳半と6畳の二間続きの和室を、間仕切りをとってしまい1部屋の洋室の改修します。

IMG_4099.jpg

朝から大工さんとお施主さんと私で工事内容の確認をしました。

IMG_4103.jpg

キレイな和室でしたが、寝室に使用されている和室ではベッドを置くのに床の強度の
不安もあり、洋室へとのご希望でした。

ということで、床の補強を兼ねての工事内容となっております。

IMG_4109.jpg

まずは天井からの解体。

IMG_4114.jpg

田舎づくりのお家で、壁は土壁です。
少しもったいない気もしますが・・・


次の日です。

床の下地の根太を支える大引きから入れ替えます。

IMG_4126.jpg

当然、それを支える束も鋼製束に替えます。

IMG_4147.jpg

大引きが交換され、根太も畳の時よりもピッチを細かくします。
この時に、床の不陸も水平にしなおします。

つづいて、床にスタイロフォームという断熱材を入れる予定です。

今日は、このあとお昼から大阪でYKKのセミナーに参加してくる予定です。
窓の勉強をしてきたいと思います!!



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 11:50| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年07月31日

マンションの床の補修工事

先日、マンションの床の部分貼替えの工事をしました。

きっかけはお客様からの
『床にコーヒーをこぼしたので、シミができた。なんとかならない?』
というお電話でした。

早速、現場に見に行くと

IMG_2579.jpg

このような状態でした。原因はコーヒーをこぼしたのではなく、
じつは3年ほど前に他社でLDKのリフォームをした際のキッチンの
排水のつなぎの施工不良による水漏れによるものでしたが、
お客様は3年前にリフォームしたばかり、LDK前面の床の貼替えも費用面の負担も大きく、
もったいないように思います。そこでマンション床の専門の職人さんによる、
部分的は貼替え補修をご提案させて頂きました。
専門職なので、通常の大工さんよりは施工費がかかりましたが、それでも
全面的に貼り替えることと比べれば、費用的にも精神的にも圧倒的に負担は軽くなります。


その前にまず、説明しておかなければならないのが
マンションの場合、多くが階下への防音対策として床材には
防音性能を持った床材を使うことになっています。
具体的には遮音等級LL-45というような性能です。

DSCF3902.jpg

これがそのサンプルの床材です。

DSCF3900.jpg

裏面に黒いスポンジのクッションシートが貼ってあります。
これで歩行音などを和らげます。
マンションの床の上を歩いた経験のある方はご存知かもしれませんが、
これが歩いた時に、フワフワする感触の秘密がコレです。
断面に溝が見えます。

DSCF3901.jpg

こうやると、けっこうしなりますね。

さて前置きはこのくらいで、まずはじめにしなければならない事は、
その3年前にリフォームされた時の床材を、見付ける事でした。
部分的に貼り替えるので、同じ商材でなければ施工ができないからです。

お客さまに見せて頂いた当時の工事の仕様書に書かれた品番を調べると、
これがなんと、この床材はレギュラー商材ではなく、特定のマンションなどに向けて
出荷されていたオリジナル品番で限定の色見だったのです。
当然レギュラーの商材では色が、異なるので部分的に貼り替えると、
貼り替えた事が丸分かりです。

しかし、なんとか、メーカーに在庫が9ケース残っていることが分かり、
すぐに必要分を押さえてもらいました。


今回はマンションの床を専門に施工している職人さんによる仕事です。
まず悪い部分の床を撤去、めくっていきます。
もちろん、原因のキッチンの排水の方はきちんとつなぎ直しました。

IMG_2582.jpg

手際良く、見る見る内に撤去されていきます。
床材の下には、温水式の床暖房が入っていますので、これを傷付けないように撤去します。

IMG_2585.jpg

キッチンの排水の水漏れが原因だと分かるまでは、
もしかして床暖の温水パイプからの漏水も疑っていたのですが、
それは違ったようです。

IMG_2605.jpg

この状態で床暖のスイッチを入れて確認しましたが、
温水パイプからの水漏れはありませんでした。

そして、水漏れで湿っていたので1週間乾燥させてから床材を貼ります。

これがまた、職人さんの技術に関心しました。
床材と床材の間にはサネという、ジョイント部分が凹凸になっていて、
それがしかっりとはまってジョイントできるのですが、

通常の床材をこのように補修で部分的に貼り替えると、サネの部分を切ってしまって
床材と床材の小口は突き付けになります。

しかし、マンション用のフロアの場合、
上の写真のように刻まれた溝によって、多少しならせることができるので、
それをうまくやって、サネを落とさずに、まるで端から順番に貼っていったかのように
キレイにジョイントして貼っていくことができるのです。

IMG_3419.jpg

こんな感じです。

IMG_3422.jpg

やはり餅は餅屋というやつですね!!

IMG_3428.jpg

キレイに元通りになりました!!

しかし、またマニアックな工事ネタになってしまいました・・・


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:33| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年07月09日

和室の床のリフォームです。

梅雨明け宣言をしましたね。
昨日も今日もものすごく暑くて全国でも熱中症で倒れる人も出ているようですね。

今年は、例年よりも早い梅雨明けですね。

さて、先週の土日で工事をした現場の紹介です。

高槻市の安岡寺町で二間続きの和室の床をリフォームしました。

IMG_2631.jpg

一室は寝室として使われており、ベッドを置かれています。
このベッドの部屋をフローリングの床にすることになりました。

もう一室も当初は、同じくフローリングの床の予定でしたが、

お施主様の息子さんご夫婦が帰省されたときのために
和室を1室は残しておきたいという事で、
畳の表を貼り替える、表替えをしました。

IMG_2656.jpg

畳の御座は、今ではなかなか手に入りにくい岡山産のい草を使用しております。
最近では鹿児島産のい草がよく使われていますが、

見比べてみると、い草の硬さや編み込みの細かさなどが、岡山産の方が優れています。

また、今回の床材は、

パナソニック建材のアーキスペックYUKAシリーズで、色はエクセルミディアムです。
このシリーズは、パナソニックの床材の中でも最高ランクの床材です。

IMG_2635.jpg

表面に光沢があり、高級感があります。また、木目の柄もシートの印刷ではなく、
突き板といって天然木の表面材になっています。
木目の柄もしっかりしていて、かなりいい雰囲気です。

お施主さんも、
ベッドを置くのがもったいないね(笑)と、
大変喜んでいただきました。

このあと、建具の襖や障子を張り替えて、工事完了となります。



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 12:14| Comment(0) | 内装リフォーム工事

2013年04月24日

今日の現場。

こんにちは、現場監督Nhです雨

今日は一日中雨でした。
おかげで、今やっている現場も雨天休止です。
その分、普段後回しになってしまっていたデスク業務ができました。

で、午前中、同じく雨で現場が休みの左官屋さんと、連休明けに着工する予定の現場に
下見に行ってきました。

午後からは、室内の工事で雨に関係のないクロス工事を見に行ってきました。

DSCF2821.jpg

DSCF2822.jpg

洗面室と和室の開口を設けた工事です。建具はまだですが、造作アウトセット風引き戸です。
今回は、戸車式ですが、当社は上吊レールで行こうかと迷っていましたが、
最終的には、強度面を考慮して戸車式にしました。

また建具が入ったら紹介します。

DSCF2525.jpg

こちらは、階段周りのクロスの貼替えです。
こちらのお家は、私好みのオープン階段で、踊り場も格子というかスノコ状になっています。

狭小地なんか回りの建物で住宅内に日射が取り入れにくい場合で、
こういう階段とトップライトの組み合わせなら、かなり昼間明るくなるのではと思います。
しかも、開閉式のトップライトにする事で、煙突効果による重力換気が期待でき
夏場の排熱効果にも一役かってくれるでしょうね。

さっそく、今提案中の新築物件に取り入れさせてもらおうと、
設計担当のモコに進言させて頂きました。

DSCF2529.jpg

で、クロスはというと、

DSCF2815.jpg

階段なので足場を組みます。クロス屋さんにとってこの階段周りが一番の仕事ですね。

DSCF2825.jpg

こちらの現場、クロスの工程は今日で終わりです。
クロス屋のTさん、お疲れさまでした。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装リフォーム工事

2013年04月22日

アーキスペックYUKAの現場 完成

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

先日、紹介したアーキスペックYUKAの現場が完成しました。

まずは、beforeです。

DSCF2599.jpg

DSCF2603.jpg

そして、after

DSCF2747.jpg

全体的に白基調で部屋が明るくなり、トップライトからの採光により、照明なしでも
本当に明るいです。

DSCF2743.jpg

短辺方向には、アクセントとしてタイル柄のクロスを貼っています。

DSCF2745.jpg

そして、床にはパナソニックのアーキスペックYUKA ホワイトオーク柄を
使用しています。

DSCF2751.jpg

これが、とてもお客さまにご好評を頂きました!!

Nさま、ありがとうございました!!


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装リフォーム工事

2013年04月18日

アーキスペックYUKAを使いました。

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

以前、アーキスペックYUKAのホワイトオークを使うと言っていた現場です。

DSCF2603.jpg

こちらは貼る前です。

DSCF2599.jpg

これも。

IMG_1737.jpg

建てかけて並べてみましたグッド(上向き矢印)

DSCF2613.jpg

お昼には、ここまで進みました。
この床材は以前、使ったジョイハードフローリングAリアロと同じで、
145mm幅の1818mm、厚み12mmというサイズで、1ケース3.03uで、12枚入っています。
で、床の表面は6パターンの柄があって、それをランダムに貼ります。
貼る職人のセンスもある程度問われます。

今回の施工は大工のA氏、リアロも含めこの手のフロアーもだいぶ慣れてきました。
予定より早いペースで貼ってくれます。

DSCF2638.jpg

夕方行くと、もう貼り終わっていました。

明日、クロスを貼って仕上がりです。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装リフォーム工事