2015年05月29日

掻き落とし外壁と弾性シリコン系塗料と湿気・・・

こんにちは、いろどりの家 現場監督兼社長の 西田です

『5年程前に外壁塗装のリフォームをしたが、壁が水膨れのように膨らんできた』という
お問い合わせをいただきました。

11108840_667091843422327_8683101634063321409_n.jpg

たまにあることなんですが、どういうことかというと、
掻き落としのモルタル外壁などのお家に、
外壁リフォームで塗装をして、防水性の強い弾性シリコン系の塗装などをした場合、
防水性能が高いので、外部からの水の浸入はないのですいが、内部から水が回った時に
出口がなくて、水膨れのように膨らんで、最終的に膨らんだ部分がバリッと割れるという事があります。

11329870_667091836755661_1390267726885556343_n.jpg

ブロック塀なんかに、弾性シリコン系の塗料を塗るとよくなる現象です、
今回のお客さまは、浴室部分の外壁でなっていました。

昔の在来工法のつまりタイルお風呂は、だいたい腰の高さくらいまで、高基礎になっていたり、
基礎の上にコンクリートブロックを積み上げているものなのですが、
今回は、そのコンクリートブロック部分に浴室内の湿気がたまったことが原因のようでした。
コンクリートブロックは割と湿気を通しやすいです。

コンクリートブロックにモルタルで下塗りをしたあと、外壁の仕上げでモルタル掻き落としの
仕上げだったのですが、
この下塗りと仕上げが、湿気により、剥離していて、その隙間から劣化が進み、
その上に塗られた防水性の高い外壁塗料のために出口がなくなり
膨らんだというのが原因です。

11221593_667091866755658_2896274333450966149_n.jpg

ユニットバスに入れ替えれば、内部からの湿気もかなり少なくなるのですが、
今回は、タイル目地に撥水剤を塗り、
外壁側は、外壁塗料とモルタルの仕上げの部分をはがして、
再度、左官屋さんにきっちりと下塗りをしてもらい、
透湿性のある塗料で補修させていただくことになりました。

やはり、怖いのは湿気ですね。
私たちが建てる高断熱住宅はある意味、湿気のとの戦いでもあります。
しっかり防湿層を設け、そのうえで通気層を設ける。今でこそ、理屈を分かって施工をしていますが、
昔の、とくに高度経済成長期に建てられた家は防湿も、気密も、通気も、当然、断熱も考えて建てられていません。こんな家が日本の住宅のほとんどを占めています。
今でも残念なことですが、まだまだ、この防湿層、気密層、断熱層、通気層を理解して
施工している実務者は多くありません。なんのために通気層があるのか、分かっていないで、
透湿防水シートを貼り、通気胴縁を貼り、外壁を仕上げている実務者が多いのが現実だったりします。

話が少し、それましたが、
今回の一番大変な作業は、このモルタルを落とす作業ですね、
モルタルが剥離して浮いている部分は、ざくざく剥がせるのですが、
まだしっかりくっついている部分を剥がすのが大変です。

きれいに補修するためには、ある程度広い範囲でやらないいけないからです。
部分的にやると、ツギハギ感がひどくなります(^-^;

実は、こういう小規模な補修工事って、結構悩みながら答えを
だしてやっていたりするものなんです(>_<)


facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!


いろどり通信バックナンバーはこちら
右斜め下http://irodoritusin.sblo.jp

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2015年04月16日

外壁の塗装工事もさせていただいておりますm(__)m

こんにちは、いろどりの家 現場監督兼社長の 西田です

11137146_647525892045589_8074658041555886567_n.jpg

菜種梅雨(なたねづゆ)って、言うらしいですねぇ。この春の長雨。
外壁の塗装工事をさせていただいているのですが、この予定外の菜種梅雨のおかげで
ずいぶん工期が遅れてしまいました(^-^;
ようやく昨日、今日と晴れたおかげで、終わりが見えました。

工程の方は、外壁の仕上げの塗装も終わり、残すところは雨戸や、庇などの鉄部塗装、
いわゆるペンキ工事です(^^)/

これテラスの排水のジャバラのホース。

11070483_647525905378921_2586026246435529923_n.jpg

外壁の塗装工事をする際、このテラスが付いているお宅のほとんどが
このプラスチック製のジャバラのホースが紫外線で劣化して、簡単に割れてしまいます。
良くあります。

で、細かいことですが、こういったジャバラも新しく交換いたします。

11113944_647525932045585_6972585856904715210_n.jpg

訪問販売の業者さんとかだと、この辺はほったらかしのままだったりします(^-^;
こういった細かい部分もきちっと対応するかどうか?
外壁の塗装を頼まれる際は、
覚えておいて頂いて損はないと思います(*^^*)

竹の内町のY様邸、今週の土曜日には足場が外れる予定です(*^^*)
Y様、雨のおかげで、お待たせしておりますが、もうすぐ完成です!!

お化粧直しされた、お住まい。楽しみにしていてください(*^^)v



facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!


いろどり通信バックナンバーはこちら
右斜め下http://irodoritusin.sblo.jp

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2014年06月19日

屋根はガルバニウムで決まりです。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

屋根のリフォーム工事をさせて頂きました。

IMG_5702.jpg

まずは、工事前の状態。

IMG_4583.jpg

カラーベストでした。

IMG_4594.jpg

ひび割れなんかもありました。

カラーベストの場合、施工対応の屋根の角度、勾配が設定されています。
3寸勾配以上が必要で、どんな勾配かというと10進んで、3以上 上がる角度です。

勾配が緩いと、雨の吹上げなどで、雨水が逆流して、瓦材を超えて瓦の下に
雨水が入ることがあり、雨漏れの原因になります。

そこで、いろどりの家では カラーベストではなく、
ガルバニウム鋼板といって、溶融アルミニウム亜鉛メッキの施された、カラー鋼板を
屋根材におススメしております。

IMG_5685.jpg

施工の風景。今回は、リフォームでの工事でしたが、新築工事でも
標準的にこれを採用しております。

カラーベストと価格的には変わらず、カラーベストよりも耐久性に優れ、基本的に
軒先から棟まで、横の継ぎ手がない一枚で出来るため、防水性も高いです。
タテヒラ葺きといって、縦方向にジョイント部分の立ち上がりがあります。

欠点といえば、大雨が降ると、雨音がするという点、あと、瓦などに比べると熱を伝えやすい点。
ですが、これについては、いろどりの家の 高断熱仕様で解決します。

屋根の断熱には高性能グラスールを2枚重ねでいれます。グラスウールは遮音性もあります。
これで、音と熱の弱点は解消されます。

IMG_5727.jpg

完成写真です。

いろどりの家では、性能や価格面、デザイン性を考えて、このコストパフォーマンスのよい、
ガルバニウム鋼板を屋根材として、おススメしております。

IMG_5675.jpg

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/


posted by スタッフ at 22:16| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2014年03月01日

焼杉を使った工事をしました

こんにちは。いろどりの家の西田です。

2/12のブログ
http://irodorinoie.sblo.jp/article/87064024.html
で、『焼杉を使った工事をします』を投稿しましたが

ようやくその完成の紹介です。

まずはBeforeの写真です。

image.jpg

もともとは木製の壁でペンキが塗られていました。

IMG_9231.jpg

今回は焼杉を貼ることになりました。国産の杉で浮作り仕上げの杉板です。
まずは焼杉の板を貼る前に見切りや水切り、枠廻り、庇なども、ペンキ工事を済ませました。
もともと黒で塗られていた部分を、こげ茶で塗りました。

で、杉板を貼っていきます。
これが、想像以上に大変だったようです。

IMG_0435.jpg

特に2階の壁の妻部分は三角になった部分があり、それを一枚一枚
合わせていくのが大変で、

IMG_0162.jpg

杉板も一枚一枚、化粧の真鍮釘で手打ちで止めていくからです。
いくら大工さんでも、今は便利は機械道具が多いの、こうやって1本1本釘を手で打つ仕事は
なかなかありません。

IMG_0579.jpg

after です。

焼杉の木目がきれいで、本物の質感のある仕上がりになりました。
やはりブリキを貼るのとは、一味も二味も違う仕上がりです。

IMG_0578.jpg

お施主様も大変、満足していただきました。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:24| Comment(1) | 外壁屋根リフォーム工事

2014年02月12日

焼杉を使った工事をします

こんにちは、いろどりの家の西田です。

ご近所で工事をさせていただいています。
旧家の外壁に杉板を貼る工事です。

image.jpg

現在は杉板を貼る前に、塗装屋さんが見切りや、庇など、木部の塗装を行っております。
そのあとに大工さんが杉板を貼る予定です。

image.jpg

材料が受注生産だったので、早めに発注したのですが、思ったよりも早く納品されました。
弊社の倉庫に置いておきたかったのですが、自然素材系リフォームの現場で使う吉野材を
加工するのにスペースがいるので、お施主様のH様邸の大きな納屋に置かせてもらうことになりました。

image.jpg

梱包を開けて中身を確認です。
この焼杉は浮作り仕上げでそれをクリア塗装されたものです。
焼杉というと真っ黒に焦げたようなイメージもありますが、これはこれでいい感じです。
貼るとかなり明るい雰囲気になるように思います。

image.jpg

現場を確認していると、遠くから猫がやってきました。

image.jpg

かなり接近しました。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 07:00| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年10月09日

足場の台風養生のおかげで

こんにちは、いろどりの家の西田です。

今日は朝は台風の影響か雨がすごかったです。

昨日は台風に備えて、2件同時着工中の現場の足場のシートを
台風養生といって、風の影響を受けにくくするように
足場の柱にたたんできました。

IMG_5545.jpg

Y様邸。

IMG_5551.jpg

O様邸。

だいたい、いつもそうなんですが、この台風養生をはりきって行うと、
台風がそれてくれたりましす。

今日もそうでした。
雨こそきつかったですが、あまり風は吹かず台風養生もいつも通り取り越し苦労となりました。

いやぁ、何事もなくて良かった、良かった。

さらには、O様のお隣のお家が雨漏りしているという事で、
点検して修理の見積もりをしてほしいとのご依頼まで受けました。

こうやってご近所から工事を見ていただいて、次の工事へと繋がっていくのは
本当に有り難い事です。

感謝!!感謝!!


今日は、他にも玄関廊下の床リフォーム工事や、洗面化粧台の交換など
リフォーム工事もありました。

IMG_5558.jpg

最近は無垢の風合いのあるリアロシリーズを使わせて頂いております。
かっこいいです。

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:56| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年10月02日

2件同時着工しています。

こんにちは、いろどりの家の西田です。

やはり予想通り、昨日消費税増税の正式発表が安部総理からありましたね。

新築工事はすまい給付金などの緩和で、駆け込みは少ないような話もありますが、
リフォームは駆け込み需要がありそうな気配です。

すでに、当社でも駆け込み需要なのか 若干、普段よりも
忙しくなってまいりました。


さて、先週の土曜日から、高垣町の方で
2件同時に外壁の塗装に着手しました。

もともとO様邸だけのお話でしたが、斜めお向かいのY様も一緒にやるように
お声掛けして頂きました。

IMG_4940.jpg

IMG_4944.jpg

斜め向かい同士ですので、同じアングルで2件一緒に写せないのが残念ですが、
ご近所で、同時に着工し、
いろどりの家の看板シートも掛けさせて頂きまして、
私、個人的にはかなりインパクトがあるように思います。

その分、ご近隣の皆さまにはご迷惑もあるかと思いますが、なるべく
ご不便をかけない様に心がけて施工したいと思っております。

IMG_4970.jpg

1件は屋根の漆喰の塗り直しから行っています。
向こうに、もう1件の外壁塗装工事の現場が見えています。


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 11:11| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年09月13日

伏見区の現場が終わりました。

昨日、今日とまた暑さが戻ってきた感じですね。

今日は、朝から先月から行っていた伏見区の屋根葺き替え外壁塗装工事の
完工確認に行ってきました。

IMG_4354.jpg

こちらの物件は、屋根のガルバニウム鋼板の重ね葺き。それと雨漏れを直すための
外壁とそう工事でした。雨漏れの方は、先週の雨続きによって止まっていることが
証明されたようです。

また、工事の内容は別の機会に紹介したいと思います。

お昼前に高槻に戻ってきましたが、和室の洋室化工事の現場を
みてきました。来週には壁のクロス工事入れそうです。

昼からは、OB顧客さまよりのご紹介で吹田市のS様邸に
リフォーム工事のお打ち合わせをさせていただきました。

もどってからは、今、当社でスタッフ募集中なのですが、
事務員さんの面接をさせていただきました。

ただいま当社では、あと設計スタッフと工務スタッフを募集中です。
元気でやる気のある方、求みます!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:44| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年08月21日

屋根葺き、外壁塗装工事が着工しました。

屋根葺き、外壁塗装工事が着工しました。

今日は着工初日で、まずは足場の設置です。

IMG_3854.jpg

まだ途中の写真ですが、明日はいろどりの家の看板シートがばっちり架けられた写真が取れそうです。

現場は京都の伏見で、近鉄伏見駅の近くです。

工事は屋根の改修です。現状はカラーベストが葺かれていますが、これを
カバー工法で、その上から被せる形で、軽量なガルバニウム鋼板の立平葺きにします。

そこで。。。

今日、あるものが届きました。

IMG_3856.jpg

なんだか分かりますか?

IMG_3855.jpg

これは、屋根の棟の部分に使う部材です。
断面を・・・

IMG_3857.jpg

少し見にくいですが、断面は段ボールの様に中空の層があります。
この中空の層が通気層になっていて、
これを棟の部分に使います。換気棟といって、この部材を使う事で、
屋根裏のこもった熱気を排出します。

いつもとは違った換気棟の部材を使うので、どう納まるかが楽しみです。

今度の新築工事にも使う予定ですが、ひとまず先にこちらのリフォーム工事で
試す事にしました。

いろんな部材がありますが、それを条件に応じて適宜使い分けるのが難しい所ですが、
我々の腕の見せどころであったりもします。



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:02| Comment(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年04月23日

もうすぐ完成!!

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

雨漏れの補修から、キッチンの入れ替え、クロス工事、屋根外壁塗装工事と
ヴォリュームのあった守口市のMさま邸ももうすぐ完成です。

今日は、足場を撤去した後、1階部分の吹きつけで、パターン柄の
割り付けをしました。

DSCF2758.jpg

もともとパターン柄の吹き付けでしたので、左官屋さんでモルタル下地をしてもらいました。
養生もして、まず目地になる部分の塗装です。
黒の油性ケンエースを前面に塗ります。

DSCF2765.jpg

う〜ん、個人的にはこれが仕上げでもなかなシブくて好みですね。

で、乾いてきたところで、チョークラインで墨を出して割り付けです。

割り付けの最中は、私も一緒になってやっていたので残念ながら写真が撮れていませんふらふら

で、目地のラインを貼っていきます。

DSCF2769.jpg

なかなかいい感じです。

DSCF2806.jpg

墨出しをして、私の出番も終わり、これで次の現場へ向かいました。

この後、エスケー化研の高級自然石調新型装飾仕上塗材の
『エレガンストーン』を吹き付ける予定です。

完成が楽しみです。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁屋根リフォーム工事

2013年04月17日

カラーベストを塗装する時の注意点!!

こんにちは、現場監督Nhです。

今日は屋根のカラーベストの塗装の仕上げでした。

DSCF2554.jpg

以前にも書きましたが、カラーベストの塗装で気をつけて欲しい事。
右斜め下その時のブログ。まずはこちらをご覧ください。
http://irodorinoie.sblo.jp/article/55891415.html

それは『縁切り』です。カラーベストの重なりの部分などを、しっかり縁を切っておく事が
屋根の寿命をもたすための秘訣です。

縁切りをしておかないと雨が回って抜け道のなくなった雨水が野地板や垂木を腐らせますので。

DSCF2560.jpg

重なりの部分グッド(上向き矢印)これで安心です。

外壁も順調に進んでいます。

DSCF2540.jpg

ちなみにサッシに水切りを入れた箇所などのモルタルの補修跡は

IMG_1714.jpg

スタッコでパターンを補修吹きします。

DSCF2539.jpg

その上から、フィラー(下塗り)を入れます。
この下塗り材、パーフェクトフィラーといって、少々のクラックも埋めてくれるスグレ物です。
大きなクラックやサッシ周りはコーキングをします。

DSCF2568.jpg




現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 外壁屋根リフォーム工事