2014年06月20日

気密測定をしました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は気密測定をしました。

IMG_5742.jpg

準備中です。

気密測定というのは、簡単にいうと、住宅の隙間の量を特別な計測器で量ります。
隙間の量が少なければ少ないほど、高気密で、高性能な住宅になります。

IMG_5754.jpg

こんな機械と

IMG_5752.jpg

こんな機械を設置します。これは、窓に設置します。
家中の窓や換気口などの開口部をしっかり閉じて、この機械を設置した窓から、
家中の空気を外に出します。
つまり負圧にします。
負圧になると、外の空気が家の隙間から入ろうとします。
そうすることで、家の隙間がどのくらいあるかを計測します。

どのくらい隙間が少ないといいかというと、
1mかける1mの大きさ=1uに対して、
1cmかける1cmの大きさ=1cm2が何cm2(平方センチメートル)あるか・・・
ということを数値で表して、これをC値といいます。
このC値が1.0cm2/m2(1uにたいして1cm2の隙間)以下だと、OKです。
C値1.0以下で、計画通り換気が行えるようになります。
そして、断熱材もスペックどおりの性能を発揮してくれます。
隙間が少ないと冷暖房もすぐに効きます。
健康で、快適で、省エネになります。

IMG_5758.jpg

スタッフの東野。いい数値がでるようにおまじないです。
当然ですが、こんなことをしても数値は良くなりません(笑)

しっかりと、防湿気密シートや気密テープで大工さんが細部にわたって
気密施工をしてくれた賜物です。
前日、大工さんは遅くまで残って、気密測定に備えてチェックをしてくれていました。

気になる今回の結果は・・・
7/5(土)の公開気密測定までのお楽しみです。

というわけで、来月の7/5土曜日に
公開気密測定を行います。
スケジュールは、
1回目 11:00〜
2回目 13:00〜
3回目 14:00〜
4回目 15:00〜
5回目 16:00〜
となっております。
気密測定中は、玄関ドアも締め切りますので、時間を決めて行いたいと思っております。
気密測定時間以外は、ご自由に現場見学をしていただく予定です。

基本的には、防湿気密シートの状態で計測するよりも、この後の石膏ボードを貼り終えた状態の方が
よい数値が出るので、
当日は、今日の計測値よりもいい値がでると、期待しております。

公開気密測定にご参加ご希望の方は、
メールnishida@irodorinoie.com
若しくは、Facebookやホームページなどからお問い合わせください。
もちろん、お電話でも構いません。

ご連絡を頂いた方にのみになりますが、開催地住所等ご案内申し上げます。

ご来場いただけることを心からお待ちしております。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/



posted by スタッフ at 19:56| Comment(0) | 新築工事

2014年02月08日

LIXIL と TOCLAS のショールームに行ってきました

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は午前中は新規のお客さんや完工の確認、着工と3件のお客さんのところへ行った後
午後からは、現在進行中の新築物件のお客様をLIXILとTOCLAS(旧ヤマハ)
のショールームへ案内に行ってきました。

image.jpg

TOCLASのショールーム。箕面にあります。
こちらではシステムバスを採用しているので先日、打ち合わせして’決めた仕様の確認です。

image.jpg

バスタブの形状、手すりバー兼用のシャワーフックなど、また色味の確認です。

image.jpg

実際に決めたアクセントパネルと周囲パネル、浴槽や床の色を模型でチェックです。

image.jpg

次は、LIXILのショールームです。
こちらではシステムキッチンと洗面化粧台ユニットの確認です。

image.jpg

特に迷われていたのは、カウンタートップを人造大理石かステンレス、どちらにするかでしたが、
実際に見て触って人造大理石のカウンタートップに決まりました。

image.jpg

これは、同時吸排気式のレンジフードです。気密性の高い住宅では必須です。
これも今回採用しているレンジフードです。実物を確認できよかったです。
形もスタイリッシュでカッコいいですね。
掃除もしやすそうです。

住設はこれでほぼ確定です。

この物件、着工は3月頃になると思いますが、
建物の性能はかなり高性能。建もの燃費ナビでもかなり理想的な数値が出ました。
健康で快適な暮らしを経済的に実現できる住宅です。
ブランド化事業も使い、構造体は吉野の杉、桧です。内装にも使います。
詳しくはまたの機会に。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:44| Comment(0) | 新築工事

2013年12月20日

F様邸無事お引渡しできました

こんにちは!いろどりの家 西田 です。

今日はF様邸のお引渡しでした。
以前のお住まいの頃の写真、地鎮祭、上棟、施工中と
これまで撮りだめていた写真でムービーメーカーを使って
工事記録の動画を作成して
F様にごらん頂きました。

20131220_125955.jpg

工事が始まった頃は、夏で、時間の経過を感じます。
建築確認で手間取ったり、色々と思い起こされました。
特に会社設立に当たってはお施主様には何かと ご心配やご不安をお掛けしましたが
本日こうやって無事(まだ外構工事は残ってはいますが。)
お引渡しできて本当に良かったです。

IMG_8305.jpg

ムービーを見たあと、使用説明をさせていただきました。

20131220_133610.jpg

これは24時間換気の自然給気口の説明です。

20131220_114452.jpg

これは今日のお引渡しのために、設計スタッフのモコが
一生懸命作っていた、玄関の鍵を入れた プレゼント用のボックスです。

IMG_8314.jpg

とても喜んでおられました。

お施主様のF様には、
工事中の職人さんたちがすごく丁寧に作業にあたっていて
ご近所からも評判が良かったこと、
見学会でも凄くご近所の方から評判が良かったことなど
本当に嬉しい言葉を頂きました。

特に、今回見学会をさせていただいた事は
F様がいろどりの家としての第1号物件であることからも
私どもになにかお祝いをしたいというお気持ちから、見学会をすることを
F様からお声を掛けていただいたとお聞きしました。

胸に熱いものがぐっとくるような思いがしました。

F様のお気持ちに心から感謝です。

F様にも言いましたが、
近い将来、F様が鰍「ろどりの家の第1号のお宅であることが
本当に自慢に思ってもらえるように、
高槻でも名前の通った工務店になりたいと思います。

F様、本当にありがとうございました。本当におめでとうございました。
これからが本当の長いお付き合いの始まりですね。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 22:35| Comment(0) | 新築工事

2013年12月18日

F様邸 竣工時気密検査

こんにちは、いろどりの家の 西田です。

IMG_8130.jpg

竣工時の気密測定を行いました。
C値は0.58p2/uでした。
中間検査時(石膏ボード施工後)が0.48cm2/uで、
竣工の方が数値的には落ちると予測していましたが、
それでも今回の0.58p2/uということで、かなり高気密な住宅になったかと思います。

IMG_8147.jpg

午後からは、プロのカメラマンさんによる内観の撮影です。
こちらも仕上がりが楽しみです。

IMG_8127.jpg

最後は外構工事。なんとか年内には外構も完成する予定です。

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:41| Comment(0) | 新築工事

2013年12月17日

F様邸 完了検査

こんにちは!いろどりの家の西田です。

さて、昨日はF様邸の完了検査です。
無事に何事もなく終了です。
あとは外構工事です。

IMG_8100.JPG

検査の後、iPhone5用の広角レンズでLDKを写しました。

IMG_8104.JPG

う〜ん、確かに広がって撮れていますが、
レンズの縁が写りこんでいます。

今日は、プロのカメラマンさんに内観を写してもらいます。

楽しみです!!

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) | 新築工事

2013年12月13日

F様邸いよいよ明日完成見学会!!

こんにちは!いろどりの家の西田です。
明日はいよいよF様邸の完成見学会です。

IMG_7393.JPG

昨日は内部の美装工事でした。
洗い屋さんが工事中の汚れを落としてくれました。

IMG_7940.jpg

エアコンがつきました。
じつは、今朝10時頃に暖房を入れて、他の現場に行ったのですが
その一時間後に戻ると
家中が暖かくなっていました。
気密性が高いからエアコンの効きがいいんでしょうね。

IMG_7936.jpg

網戸の設置と調整にきたサッシ屋さんが
エアコンを切った後でしたが
『こんなに温かい現場はじめてです〜』といっていました。

IMG_7912.jpg

外構は見学会後になりますが、タイルポーチまでは完成しました。
明日はいよいよ完成見学会。
ご近所の皆様も楽しみにしていただいているようです。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:53| Comment(0) | 新築工事

2013年12月02日

炉を設置しました。

こんにちは、いろどりの家 西田 です。

S様邸、木工事も もう少しで終わります。

今日は、炉の設置をしました。

IMG_7385.jpg

まず畳下の床合板を開口します。

たたみは京間サイズなので、1910mm×955mmの大きさです。
これをもとに炉の位置を決めて、床合板の下地の大引きの位置もそれにあわせて
決めています。

IMG_7388.jpg

このお部屋には炉が二つあり、まずひとつ目。

IMG_7387.jpg

この上に炉縁(ろぶち)が乗ります。

IMG_7389.jpg

周りに畳を敷いて高さがちょうど良くなるように設定します。

IMG_7391.jpg

もうひとつの炉です。こっちはかなり本格的な炉です。

設置後は次回のおたのしみに!!

facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:59| Comment(0) | 新築工事

2013年11月27日

C値0.48cm2/m2!!2回目の気密測定を行いました!!

こんにちは!いろどりの家の西田です。

昨日は、F様邸の気密測定を行いました。
前回は気密シートが貼り終って石膏ボードを貼る前での
測定で相当隙間面積は0.85cm2/m2でした。

正直、目標のC値1.05cm2/m2を超える、予想以上の数値にみんなで大喜びでした。

今日は石膏ボードを貼り終わった時点での測定です。
基本的に気密防湿シートによる気密施工は石膏ボードを貼ることで
シートを押さえることで気密が完成します。

というわけで、今回の方が前回よりもいい数値が出ることが期待できます。

今回は2種類のデータを取ろうと思います。
サッシ周りを封した場合と通常通り計測した場合です。

なぜかというとサッシからの漏気がかなり多いことが予測されるため、
どのくらい差があるか検証したかったからです。

IMG_7173.jpg

このように窓の周りに気密シートを貼って封をしました。

特に引き違い窓の部分は、開き窓にくらべて重なりの部分やレールの部分の隙間が
大きいため、気密を考える上では、引き違い系の窓は不利なのです。
あと、樹脂サッシよりもアルミサッシの方が、同じく気密的には不利なのです。
じつは、今回のプランはわりと引き違い系の窓が多く、また準防火地域ということもあり
アルミサッシとなっております。
そのためにサッシを封してサッシでどのくらいの差がでるかを検証してみることにしました。

IMG_7181.jpg

気密測定器が動き出します。
家中の空気が外に排出され、中は負圧となっていきます。

IMG_7198.jpg

窓の周りに貼った気密シートが、サッシの隙間から入ってくる空気で風船のように膨らみました。
これだけサッシには隙間があるということです。

IMG_7203 (2).jpg

パンパンに膨らみました。

ちなみに間仕切りの壁にあるコンセントボックス。
IMG_7199.jpg
もし、基礎の気密がちゃんとされていなければ、こういったところから風が吹きます。
(F様邸は土台気密パッキンできちんと施工されているので風は吹きません。)

IMG_7214.jpg

で、測定結果が
総相当隙間面積50cm2という値が出ました。
家全体で、10センチかける5センチの隙間しかないという結果です。
窓を封しているので、正直もっといい数値を期待していたので、すこしがっかりした気分でしたが

ここで我々は大きなミスをしていることに気がつきました。

封の仕方に問題がありました。
窓の周りに気密シートを貼ったため、石膏ボードの隙間から
空気が漏れていたのです。
つまり封をしてもしなくてもあまり数値には影響しなかったのです。

IMG_7217.jpg

次に、窓に貼った気密シートをはがして再度測定です。

IMG_7205.jpg

合計3回測定しました。

IMG_7219.JPG

1回目が総隙間面積50cm2、封を切った後測定で2回目が47p2です。3回目が59cm2 
という結果です。

残念ながらサッシを封したことはあまり意味がありませんでした。
しかし、逆に考えるとアルミではなく、樹脂サッシになったり 引き違い系を少なくし開き戸系のサッシに
していけば、もっと数値が上がる可能性があることになります。

そして、外部の合板気密を併用していけばもっといい数値がでる可能性もあるということです。

総相当隙間面積を延べ床面積と床下の面積で除した値が、C値相当隙間面積となります。
今回は、0.48cm2/m2という数値となりました。
それもサッシにおいてはかなり不利な条件であるにも関わらず、
目標の1.00cm2/m2をきるどころか、
かなりの高気密住宅となっていました。

今回の測定で、ボード貼る前から後で、0.85cm2/m2から0.48cm2/m2と、
0.37cm2/m2も向上したことになります。

サッシでどのくらいの差がでるかの検証はできませんでしたが、
予想以上の数値のよさに驚きました。

大工さんたちが丁寧に施工してくれた結果です。
ありがとう!!


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) | 新築工事

2013年11月26日

S様邸の床柱を買い付けに行ってきました。

こんにちは!いろどりの家の西田です。

今日は、摂津の銘木団地に S様邸の和室の床柱や床框、
雲板、落とし掛けを 買いに行ってきました。

IMG_7146.jpg

今日は、月に一度の銘木市場の日です。

朝から、にぎわっていました。

私は、いつもよくしてくれるオガワ銘木さんを訪ねました。

IMG_7129.jpg

今日は、S様邸の木工事をしている大工さんも一緒に行ってきました。

IMG_7129.jpg

前回、下見に行ったときに目星をつけていた床柱です。
左から 人工の搾り丸太、天然の搾り丸太、天然の丸太

真ん中の天然搾り丸太に決めました。
なんというか、自然な感じが落ち着いていて上品な感じが
お施主様のS様のイメージにぴったりでした。

IMG_7133.jpg

店主の小川さんとツーショット。
昔は数多くあった銘木屋さんの昔から残っているのは小川さんともう一店舗くらいらしいです。
銘木団地ではかなりの老舗で顔が利くそうです。

IMG_7139.jpg

ついでに、今日の銘木市場にも寄ってみました。
人がたくさん居て、ちょうど、出品物の競りが行われていました。

IMG_7153.jpg

S様ともツーショット。
運んできた、床柱や框を見て喜んで頂きました。
ありがたいです。


facebook西田.png西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:38| Comment(0) | 新築工事

2013年11月23日

F様邸。進捗。

こんばんわ、いろどりの家の西田です。

先日、気密測定の様子を紹介したF様邸です。

もう内装のほうはかなり進みました。

IMG_6947.jpg

リビングの様子です。クロスの下地となる石膏ボードが貼られています。

IMG_7075.jpg

階段も架かりました。

IMG_6937.jpg

若手大工の磯貝君が棚をつくっています。

IMG_6939.jpg

システムバスの職人さんです。

IMG_7069.jpg

来週の火曜日には、石膏ボードを貼った状態で、2回目の気密測定を行う予定です。


facebook西田.png西田 宏則 お友達申請歓迎中です。

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:12| Comment(0) | 新築工事

2013年11月21日

銘木団地に床柱を求めて・・・

おはようございます。
今日は、午後から経営者向けの研修、あきない実践道場です。
8月末から始まり、全7講の研修もいよいよ本日で最終です。
非常に多くのことを学ばせていただきました。

というわけで、今日は早めにブログを更新したいと思います。

さてさて、ブログの方では、棟上の様子依頼ご紹介できていない
S様邸ですが、

大工工事もいよいよ終盤。(もともと平屋建てのプランなので、進捗が早いです。)

そろそろ和室の、化粧材を段取りしなくてはなりません。

で、前々から、このS様邸の 床柱や床框などは、
摂津にある、銘木団地に行って 材料を調達しようと思っていたのですが、

今日、下見に行ってきました。

IMG_4437.jpg


初めて、銘木団地に行って依頼、いろいろと親切に教えてくれる
オガワ銘木さんを訪ねてきました。

IMG_6960.jpg

床柱には、絞り丸太 を 使う予定なのですが、
人工絞り丸太 や 天然絞り丸太 が 縦並べられています。

今日は下見ですが、ある程度目星はついた気がします。

それから、床框と 落とし掛け です。

IMG_6965.jpg

この黒檀の床框。すごくいいです。
小川さんが床框と落とし掛けを並べてくれました。
イメージがわきやすいです。

IMG_6969.jpg

落とし掛けも、これは表面に薄く貼られた単板貼りではなく、無垢材の 落とし掛けです。
木目がすごいです。

来週の火曜日と水曜日は、銘木市場が開かれるので、
その日に朝一から行って調達しようと思います。

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) | 新築工事

2013年11月12日

気密測定を実施しました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は朝から、F様邸の気密測定を行いました。

IMG_6560.jpg

これが気密測定をする測定器です。

このところのブログで気密の重要性を書いてきましたが
実際にこのように測定することが、より精度の高い気密住宅を作るために
かなり有効になります。

なぜかというと、気密測定をするということで、気密作業をする職人さんが
より意識的に注意深く施工をしてくれる効果があるからです。

あとは、実際に数値で評価されるという利点があります。

実際に検査をするとき、職人さんも、まるで受験の合格発表を待つかのような
神妙な顔をして検査に挑んでいます。

一般的な気密測定の方法は、負圧式といって
家中の窓を閉め切って、この測定機で、家中の空気を外に抜いていきます。

そうすることで、家の中の気圧が負圧となり、家の隙間から外の空気を
引っ張ってくるようになります。

それを測定機で、家の総相当隙間面積を測定し、
C値(相当隙間面積)1m角の面積辺りに1cm角の隙間がどのくらいあるかという
評価をすることになります。
詳しいことは、こちらをご覧ください。左斜め下
http://irodorinoie.com/iedukuri/pdesign3.html

気密測定を行うタイミングも重要です。
よく竣工時に行うという会社がありますが、

当社の場合は、施工中に行います。
とくに今回は、気密シートを張り終わった時点で行います。
このタイミングで行うことは、万一、気密が取れていない部分があると、
手直しが出来るからです。
それも、先ほどの負圧式のため、隙間があれば、そこから外の空気が流入してくるために
手をかざすと、どの部分から隙間があるか探しやすく、また手直しも容易に行えるからです。

本来、気密シート貼りによる気密施工は、石膏ボードを貼ってシートを押さえ込むことで
気密が完成するのですが、まずその一段階前で行うことにしました。

IMG_6562.jpg

今回は、F様邸の気密部材において、日本住環境さんというメーカーさんの部材を使っており、
気密測定もこちらの日本住環境さんにお願いしています。

ちなみに日本住環境の営業さんはこの気密測定員の資格を全員持っているということで、
高断熱高気密住宅の普及に真剣に取り組んでいるメーカーでもあります。

今回は、着工前から担当の八子さんにずっとお世話になっていたのですが、
どうしても今日は日程が合わず、代理の方が測定をしてくれました。

大工さんたちもかなり手間隙をかけて妥協をせず気密施工に臨んだわけですが、
今回の、目標数値は

1.0cm2/m2 としていました。

そして、気になる測定結果は、

IMG_6582.jpg

IMG_6583.jpg

0.85cm2/m2 でした。

シート施工によりこの数値は検査の方にも、かなり優秀だということです。
実際、1.0を目標にしていても、この時点の数値だと2.0とかが多いようですが、
今回かなり大工さんも丁寧に施工をしてくれた結果、目標以上の数値となりました。

今回は、準防火地域ということで、防火サッシを使わなければならないということのため
サッシはアルミ複層サッシです。

検査員の方に聞くと、これが樹脂サッシになるだけでも、さらにC値が低くなるようです。

しかし、それでも今回のシート貼りの状態で0.85cm2/m2でしたので、
石膏ボードを貼れば、さらに数値はよくなると予想できます。

検査が終わった後、今回こられなかった日本住環境の営業担当の
八子さんからも電話がありました。

一緒に喜んでくれる、こういう業者さんが周りにいることで
お客さんにとって、いいお住まいを建てることができると思います。

実は今回、日本住環境さんのご好意もあり、気密測定を
ボードを貼る前、貼った後、竣工時と、3回測定する予定になっています。

これでボードを貼る前と後で、どの程度の差があるかというデータも取ることができます。

また、そちらの測定もブログにて紹介したいと思います。



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 13:40| Comment(0) | 新築工事

2013年11月11日

目指せ!!No.1工務店!!!!

こんにちは、常に全力投球のいろどりの家の西田です。

今日はF様邸に、あきない実践道場で一緒に経営学を学んでいる同期で、
しかも後で分かったことですが、私どもの所属している新住協の仲間でもある
京都の工務店さんで、ココチの家(株式会社中村)さんの
原田社長とスタッフの方2名が、
見学にいらっしゃいました。

F様邸についてはこちらのブログでもずっと紹介していますように
気密施工を実施しているのですが、そのあたりのところを
見に来ていただきました。

IMG_6544.jpg

今回施工している大工さんが実際に作業に当たっての
心がけた点など、話をしてくれました。
いろいろと熱心に意見交換をさせていただきました。

原田社長のところでも、省エネ住宅を推進されており、
いつもお世話になっている大東市のダイシンビルドさんの清水社長といい
こういう工務店同士のネットワークと言うか、仲間というか、
情報交換やいろいろ勉強させていただくつながりを持たせていただけることが
非常にありがたく思います。

明日は、いよいよ1回目の中間での気密測定を行います。
果たしてどのくらいの数値がでるか、非常に楽しみです。

IMG_6548.jpg

原田さんところのスタッフさんとうちの大工さんと(あと、私も)で
記念写真を撮りました。

決めポーズは、あきない実践道場はお馴染みの
ランチェスター戦略にあやかりの No.1ポーズです!!

地域密着No.1工務店目指して頑張りたいと思います!!!!


・・・さてさて、もうひとつ、ご報告。
先日、F様邸現場見学会にご案内したI様邸。
本日は、仕様やお見積もりのお打ち合わせでした。

こちらは、かなりの省エネ・エコ住宅のこだわった仕様です。
私もいろいろと大きなプレッシャーを感じながらの
お見積もり説明でしたが、
ほぼ、仕様など見積もり内容にもご納得いただき、
ご内諾をいただきました。
早くても年明けからの着工ですが、
非常に非常に楽しみな物件です。

全身全霊、常に全力投球でお客さんのために頑張りたいと思いますっ!!!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 23:52| Comment(0) | 新築工事

2013年11月08日

気密施工の様子。

こんにちは、いろどりの家の西田です。

今日は気密施工の様子を紹介したいと思います。

IMG_6259.jpg

さて、皆さん。これは何だと思いますか?

これは気密防湿シートといって、高断熱・高気密住宅を施工する際に、非常に
重要な部材になります。

これを、家の外に面する壁の部屋内側に貼ったり、天井に貼ったりします。

この防湿・気密シート、とても大事なんです。
特に家の寿命にも関わってきます。

現在の日本の、木造住宅のほとんどは、昔の隙間だらけの家とちがい
壁や天井の内装下地には石膏ボードを貼り、その上に壁紙(ビニルクロス)などの
使用となっています。
そういった使用の住宅は、特に気密施工を意識しなくても
ある程度の断熱・気密住宅になっています。ある程度の・・・

中断熱・中気密といいましょうか、非常に中途半端な状態といえます。

これがいけません!!

気密が中途半端だと、法律で義務付けられている24時間換気も設計通りの効果を
発揮することは出来ないだけでなく、部屋の空気が滞留し、空気環境がよくありません。
これは、喘息や、アレルギー、アトピーの原因になります。

それだけではなく、防湿を考えていなければ、室内で発生した水蒸気(湿気)が
壁の中に入り、壁内結露を起こします。これも壁の中で、
ダニや、カビが発生し、アレルギーなどの原因となるばかりでなく、
最悪の場合、柱や梁といった構造体を腐らせてしまいます。

このあたりのことが日本の住宅は20〜30年でだめになるとう理由です。

じっさい、中途半端な施工のために新築1年で、和室のたたみ下の床が腐ったという事例も
あるくらいです。

また断熱層においても断熱層は空気が流れない構造になっていることが
その断熱材の性能を発揮する必要条件となりますが、このために気流止めという
施工が必要です。
しかし、ほとんどの住宅はこれしていないことはおろか、
その施工をする大工さんは、このことを知りません。
むしろ、断熱材の中は空気が通気したほうがいいんだ。と
勘違いをしている人が、まだまだ多くいます。


高断熱・高気密住宅で基本的な考え方ですが、
断熱層、気密層、防湿層、通気層 この4つの層の意味が理解できていて、
正しく区別して施工することが非常に重要なのです。

今、高断熱・高気密を検討されている方がいれば、ぜひ、検討されている住宅会社や営業マンに
このあたりのことを確認してほしいと思います。

・・・と、ほんの説明のつもりが、ついつい長くなってしまいました。

くわしくは、HP上にもある私コラムの『器の性能から得られるもの』を呼んでいただければと思います。
http://irodorinoie.com/iedukuri/utsuwa.html

さて、つぎの写真。

IMG_6270.jpg

この防湿気密シートを必要な分だけ巻き取ります。

IMG_6275.jpg

壁や

IMG_6363.jpg

天井に貼ります。

この防湿気密シートは、名前の通り気密を高めると同時に湿気も通さないシートになります。
これで、気密層を防湿層を併用的に考えています。

IMG_6365.jpg

極力、シートとシートの継ぎ手が少なくなるように心がけています。なが〜く、カットして
横張りにすると、継ぎ手が少なくなります。

継ぎ手には、気密防水テープを使って処理します。

IMG_6366.jpg

配管周りや、コンセント周りも、気密の弱点になる部分ですのでしっかりとテープ処理します。

IMG_6404.jpg

こんな感じです。

IMG_6256.jpg

コンセント、スイッチ部分も専用の気密部材を使いますが、念のため電線が通り
隙間になる部分は、ウレタンの吹いてカバーします。

IMG_6250.jpg

スプレー式で、部分的に発泡ウレタンを吹いて、気密や断熱をカバーします。

IMG_6237.jpg

このように壁に穴のあくところはウレタンで処理します。

気密施工のもうすぐ完了です。

来週の火曜日に、いよいよ気密測定を行います。
結果が楽しみです。

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:58| Comment(0) | 新築工事

2013年11月05日

現場見学会を終えて

こんにちは、いろどりの家の西田です。

急遽、開催することとなった現場見学会の2日目です。

こちらは、

現在、私たちが提案する我慢しないで節電できて、
さらに健康的で快適な省エネ・快適エコ な
住まいの提案をさせていただいているI様ご一家にお越しいただきました。

現在、プランニング中のI様邸は、建物の大きさもF様邸と同程度ということもあり
非常にイメージしやすかったとご好評を頂きました。

IMG_6318.jpg

さらに、なかなか工事中を見ることのできない、防湿気密シートによる
気密施工をごらん頂くことで、

高断熱高気密の原理原則、考え方も絵や写真で伝えるよりも 
非常によくご理解いただけたようです。

お客様の抱かれている『実際、どうやって家が建てられているのだろう?』という
工事への不安も やはり、このように実際にどうやって施工をしているのかを
ごらん頂くことで、ご安心いただけると考えております。

2時間ほど現場をご案内させていただきました。

快く現場見学会をさせていただきました、お施主様のF様には感謝です。
F様、ありがとうございました。


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 08:52| Comment(0) | 新築工事

2013年11月02日

F様邸現場見学会を行いました!!

こんにちは、いろどりの家の西田です。

今日はお施主様のご好意により急遽開催することとなりました
F様邸の現場見学会でした。

IMG_6261.jpg

今回は急遽の開催ということと、工事中の現場見学会ということもあり
完全予約申込制での催しでしたが、午前に1組、午後に1組の予定でした。

IMG_6262.jpg

完成予想図のパースや、提案ボード、図面を掲示しました。

IMG_6281.jpg

1組目のお客様!!
じつは、ご同業者さん。パッシブハウスジャパンの会員のメンバーの方です。

IMG_6310.jpg

2組目!!
こちらは、いつもお世話になっているD社のS社長!!
お忙しいところ、今回のわれわれの気密施工の具合をチェックしていただきました。
何かと、アドバイス、ご指摘、ご指導をしてもらいました。
じつは、うちの大工さんは先日の省エネ施工技術者講習に参加しましたが、
そのときの講師が、S社長でした。

IMG_6311.jpg

最後に『いいね!』ポーズで記念写真。

というわけで今日は同業者さんばかりのご来場ということになりました。
しかし、1週間前の告知で、2名も(お忙しいところを時間をつく打て頂き)
お越しいただき、感謝!!感謝!!です。

明日は、建替え新築工事のお客様がご来場予定です!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:18| Comment(0) | 新築工事

2013年10月31日

祝!!S様邸上棟!!

こんにちは、いろどりの家の 西田です。

今日は、S様邸 新築工事の 棟上でした。

IMG_6184.jpg

平屋建てのお家です。今日は大工さん3人で棟上に臨みました!!

IMG_6190.jpg

和室があるので柱の養生にカバーをしていきます。
緑や紫のカバーが柱養生です。

3人でしたが、平屋建てということもあり、いいペースで進んでいきます。

IMG_6198.jpg

お昼過ぎには、屋根の垂木も終わっていました。

IMG_6197.jpg

休憩中のひとコマ。大工さん3人と、レッカー屋さんです。

IMG_6210.jpg

今日は、野地板まで貼り終えました。

S様、上棟、おめでとうございます!!

完成が待ち遠しいです!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:13| Comment(0) | 新築工事

2013年10月30日

S様邸新築工事!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

明日はいよいよ、延びに延びていたS様邸新築工事の棟上です!!

宅地造成の兼ね合いで確認申請に時間がかかり、

やっとの思いで基礎着工にたどり着いた矢先、先日の台風のおかげで、

延期になっていたS様邸の棟上です!!

明日の天気予報は晴れのち曇り 降水確率のほとんど0%。

もう誰にも邪魔させません!!

さて、

これまでの工程を少しご紹介!!

IMG_5581.jpg

鉄筋が組み終わったところです。

宅地造成区域で、前面のヨウ壁へ建物の加重をかけないようにとのことで、
かなりの深基礎になりました。

IMG_5580.jpg

大変な深さです!!

IMG_5817.jpg

で、コンクリートをうち型枠も外れた後なのですが、台風のおかげでプールのようになりました。

この水も一旦は抜いて乾いていたのですが、
この後、さらに台風27号が来るということで、翌日に予定していた棟上を
1週間延期することになりました。

IMG_6096.jpg

で、一旦は乾いていた基礎もまた27号のおかげでプールになりました。

IMG_6100.jpg

ポンプで基礎にたまった水を出します!!

IMG_6101.jpg

はじめこそは勢いよく排水してくれますが、少なくなってくると、その勢いもなくなり
最終的には

IMG_6103.jpg

ちりとりですくい出します。
作業を始めたのが遅かったので、あたりはもう真っ暗でした。

IMG_6105.jpg

翌日、なんとか土台敷きをできるまでには乾きました。

IMG_6106.jpg

土台敷きに必要な、材料が搬入されます。

土台敷きも終わり、明日はいよいよ棟上です!!


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:36| Comment(0) | 新築工事

2013年10月26日

F様邸 換気棟施工!!

こんにちは、いろどりの家の西田です。

今日は、換気棟の施工を紹介します。
以前にリフォーム工事で屋根葺き替えをしたときに使うと紹介していた
気密や換気部材のメーカーの日本住環境のリッヂベンツを使いました。

IMG_3856.jpg

これがそのリッヂベンツです。

IMG_3857.jpg

断面。この細かい穴から屋根裏の暑くなった空気を排出します。

IMG_6013.jpg

さて屋根の上です。
屋根材はカラーベストです。

IMG_6017.jpg

棟の部分に空気を抜くための開口を設けます。

IMG_6025.jpg

棟板金カバーを設置するための木材の下地を取り付け、その上に
リッヂベンツを設置します。

IMG_6028.jpg

こんな感じです。
夏場の高温になった空気を、この棟換気部材を通して排出します。
もちろん雨水は入らない構造となっています。

IMG_6054.JPG

メーカーのカタログの抜粋ですが、こんなイメージです。

IMG_6031.jpg

あとはこんな風にカバーを取り付けていきます。

IMG_6042.jpg

きれいに納まっています。

さぁ、来週はサッシをつけたり、断熱材を入れたり気密施工をしたりと
内容の濃い1週間となりそうです。

IMG_6051.jpg

早くも現場に納められた気密シート。出番を心待ちにしております!!



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 16:44| Comment(0) | 新築工事

2013年10月25日

F様邸躯体検査が終わりました。

みなさん、こんにちは。いろどりの家の西田です。

台風27号28号の影響で、なかなか現場の方も進みませんが、
今日はF様邸新築工事の検査を行いました。

検査内容は建物の構造や耐力をみる躯体検査でした。
この検査では設計図書通りに耐力壁が規定の釘で決まったピッチでとめられているのか、とか
筋交いやそれを柱や梁に接合する金物が必要数あるか、とか
ホールダウン金物といって、土台や梁、桁と柱を引き寄せる金物が決まった性能のものが取り付いてある、とか
その他、建物の強度に関する面を検査します。


まずは、瑕疵保険のJIO(日本住宅保障検査機構)の検査でした。

IMG_5997.jpg

JIOの検査の後は、建築確認の検査機構による検査です。

IMG_6007.jpg

こちらの検査には、宮井建築設計事務所のMさんも立会いをしていただいております。


・・・内容も写真もほとんどfacebookに投稿した内容と同じになってしまいました。


無事に検査も問題なく終了し、次の工程に進んでいくことが出来ます。

さぁ、いよいよ気密施工に入って行きますっ!!!!




当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:02| Comment(0) | 新築工事