2013年11月18日

介護保険適応の住宅改修を行いました。

こんにちは、いろどりの家の西田です。

今日は先日 フェイスブックにて投稿していた
高槻市における介護保険の住宅改修を行いました。



IMG_6396.jpg

役所に提出する書類としても必要になる着工前の写真です。

こちらのお施主様は、玄関の上がり降りが困難になってこられたということで
昇降の補助として、縦の手すりと横の手すりを組み合わせた形状を
ご提案させていただきました。

役所には、施工案として、写真に手すりの取り付け位置も提出しました。

IMG_6396 - コピー.jpg

こんな感じです。
この他には、平面図も必要になります。
その他、申請書や工事の見積書などが介護保険の住宅改修の申請に必要です。
あと、大切なのが、ケアーマネージャーさんによる
理由書 が必要です。
なぜ、改修が必要なのかという理由を書いてもらう必要があります。

基本的には当社では、この理由書以外の書類(申請書も含めます)を作成し、
市への代理申請まで行っています。

補助の対象は、被介護保険者で認定を受けられていることです。
最大20万円までの9割が補助の対象になっております。
つまり、20万円の工事費が、自己負担2万円となります。

さて、

IMG_6870.jpg

工事の際は実際に、取り付け位置を最終確認します。

移っているのは久々に登場の大工のM氏です。
年齢的には、そろそろ介護が必要な年になってきましたが、まだまだ元気バリバリの
現役の大工さんです。

いつも助かっています。

で、完成。

IMG_6900.jpg

この完成写真を市に提出して、手続き完了です。

お施主さまにも、何度も確認してもらい、安心して玄関の上がり降りを
していただけるようになりました。

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:31| Comment(0) | 住宅介護改修工事

2013年05月29日

介護改修でオーダーの手摺り

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

今日は雨の予報でしたが、そんなに雨が降らずに現場の方は助かりました。
屋根の工事と、塗装の工事はさすがに雨ではできませんが、
今日の雨程度であれば、屋内の工事はなんとかできます。
       (あんまり大雨だと難しいこともありますが・・・)

今日は、介護改修で屋内の手摺りの取付の工事です。
あと、屋外手摺りも付ける予定なので、詳しくはそれが終わってから
ご紹介させて頂きたいと思います。

今回、ご紹介したいのはコレです左斜め下

DSCF3308.jpg

浴室に取り付けたL型の手摺りです。

よくご覧頂きたいのですが、
こちらのL型手摺り、壁面より約250mm飛び出しているのです。

この形状は、お施主様とケアーマネージャーさんと私共と立会の上で、
使い勝手を考えた上で、決めた形状です。
水栓カランがあるので、それにより壁際だと浴槽への出入りがしづらいので、
このように前に出す事で、浴槽への出入りを容易にしました。
また、もともとあった側面の手すりと今回のL型を両手で持つ事で
浴槽での体の移動がより安定します。

こちらの手すりはTOTOのパブリック手摺りというシリーズがあって、
それのイージーオーダーでつくりました。つまり特注ですね。
ただし、オーダーで注文から10日近くかかりました、

今まで、数多くの手摺りをつけてきましたが、今回の様な形状は
私も初めてでした。また、いい経験を積む事が出来ました。

また屋外の手摺りの取付が終わりましたら、またご紹介させて頂きたいと思います。




現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅介護改修工事

2013年05月16日

介護保険の住宅改修

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

今週はすごく暑いですね〜。
まだ5月なのに。
私も作業服の上着を夏服に衣替えしましたが、暑すぎてすでに上着を着ていられません。

さて、先日終了した茨木市の介護保険を使った住宅改修が終わりましたので紹介します。

DSCF3107.jpg

まず、玄関前のアプローチに2か所。

DSCF3111.jpg

玄関ポーチに1か所。

DSCF3120.jpg

玄関前から、ガレージへの階段で1か所。
ここ手すりは、階段とポーチとで高さに差がでるので、
このように2段構えにしました。なかなかのアイデアです。

DSCF3119.jpg

ガレージでもう1ヶ所。

計5か所取付ました。
介護保険の適応については、改修にかかる費用に9割が介護保険で賄う事ができます。
限度額については、20万円までとなっており、そのうち9割なので、
最大で18万円の補助が受けられるわけです。

じつは、こちらのお客さまから手摺りの依頼を受けたのは3月の事でした。
そこで、介護保険の事を提案したところ(当時はまだ認定を受けておられなかったので)
介護保険の認定の手続きをされてからの、住宅改修の申請となったため時間がかかりました。
住宅改修の申請自体は図面と見積もり、申請書と写真、あとケアマネさんに用意してもらう
理由書さえそろえばすぐに申請でき、申請して書類に不備がなければすぐに許可されるのですが、
介護保険の認定を受けるのにかなり時間がかかられていました。

これまで手摺りなしでなんとか歩けていたのが、いざ、手すりをつけようと決めたら、
手すりがないとより不便で怖く感じられたとか。

ようやく安全に手すりを使う事ができ、大変喜んでおられます。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅介護改修工事

2013年04月16日

介護の住宅改修の相談と今日の出来事

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

今日は11時から、先日キッチンの吊り棚の工事のお見積り依頼を頂いたAさま宅で
介護住宅改修の相談を受けました。
ちなみに、吊り棚の工事は前向きにご検討頂いており今度シュールームへ行く事になっています。

今日は、ケアマネージャーさんとの立ち合いで現場打合せです。

まず、玄関のアプローチ。

DSCF2484.jpg

玄関土間部分。

DSCF2481.jpg

トイレ。

DSCF2469.jpg

この他にも、浴室など、計7か所の設置の予定。
申請が済み次第工事を行う予定です。

手摺り工事で特に気を使うのが、下地です。
下地がしっかりしていないと、手摺りの取り付けが不安定になります。
調査段階で、下地の有無を確認し補強工事の有無を判断しなければなりません。

打合せが終わると、すっかりお昼を過ぎており大急ぎで現場の確認へ向かいます。

DSCF2466.jpg

こちらは、今朝着工したベランダにテラスをつける工事です。

DSCF2493.jpg

介護改修の打合せが終わり現場に戻ると、ここまで作業が進んでいました。

次は、雨漏れの補修の守口へ向かいました。

しかし、ここで思わぬトラブル。
私の使っているiPhoneはauなのですが、eメールが使えなくなるという事が起こりました。
しかも、そればかりか、なんと電話番号などの記録している連絡先一覧のデータも
消えてしまっていたのです。
しかし不思議な事に時間とともに消えたはずの連絡先が
復旧していくのです。

Appleのサポートラインに問い合わせると、
なぜかauのサーバーがシャットダウンしてしまったようで、
本日中にはデータの復旧が行われるようですが
かなりのユーザーに支障をきたす事態となっていたようです。
一時はどうなる事かと非常に焦りました。
やはり、いざという時のためにデータのバックアップは必ず取らないと駄目ですね。

今このブログを書いている段階では、まだ100%データの復旧がしていないので
問い合わせた方曰く、完全に戻るという事ですが、やはり少し心配です。

後は、ガレージ居室化断熱気密工事と、昨日着工した和室の工事の現場確認です。

DSCF2506.jpg

DSCF2510.jpg

どちらの現場も今日の工程は床貼りです。
VフロアーやEフロアーに比べると、やはりジョイハードフロアーの方が
表面の強さはあるようです。



現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅介護改修工事