2013年11月30日

完成見学会オープンハウスのご案内

こんにちは、いろどりの家の西田です。

IMG_7393.JPG

12月14日(土)15日(日)10時〜16時 にて 

新築完成見学会、オープンハウスを行います。

今回の工事は、いろどりの家 としては 第1邸目の物件になり、
気密シートによる気密施工を行っています。
先日の気密測定ではC値0.48cm2/m2
と かなりの高気密住宅となりました。

断熱の性能に関しても
次世代省エネ基準をみたしており、高断熱高気密住宅となっております。

多数のご参加をお待ちしております。


ご見学希望の方は、恐れ入りますが、弊社の方までご連絡ください。

ご参加者様の

@ご氏名

Aご連絡先(電話番号等、E-mailアドレス)

Bご来場者様の人数

Cご来場予定の日程、時間

を 電話、FAX、E-mail、HPのお問い合わせフォーム、Facebook にて ご連絡ください。


追って、会場のご案内をメールなどにてご案内申し上げます。

お気軽にご参加ください。


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 22:31| Comment(0) | お知らせ情報

2013年10月26日

現場見学会のご案内

こんにちは、いろどりの家の西田です。

11月2日、11月3日、11月4日



ただいま施工中の新築現場の現場見学会を行います。

今回の工事は、いろどりの家 としては 第1邸目の物件になり、
気密シートによる気密施工を行います。

ブログでは、基礎の進捗から、棟上の様子など紹介してきたF様邸ですが

お施主様のご好意により見学会開催をさせていただくことになりました。


急遽ではありますが、完全予約申込制にて現場見学会を行わさせていただきます。



ご見学希望の方は、恐れ入りますが、弊社の方までご連絡ください。

ご参加者様の

@ご氏名

Aご連絡先(電話番号等、E-mailアドレス)

Bご来場者様の人数

Cご来場予定の日程、時間

を 電話、FAX、E-mail、HPのお問い合わせフォーム、Facebook にて ご連絡ください。


追って、会場のご案内をメールなどにてご案内申し上げます。



当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 17:17| Comment(0) | お知らせ情報

2013年09月11日

消費税関連セミナーに行ってきました。

今日は18時から高槻市の現代劇場で、消費税関連セミナーに行ってきました。
今回は日頃お世話になっている当社取引先の材木屋さんの主催によるものでした。

IMG_4326.jpg

先ほど、事務所にもどってきました。
記憶が新しいうちにブログに書きたいと思います。

まず皆さんもご存じのように、来年の平成26年の4月から消費税が8%になるということは
ほぼ確定であると思います。
正確には、まだ確定はしておりませんが、来月の10月1日には
安部首相が最終決定をするようですね。

IMG_4330.jpg

で、気になるのは我々の住宅業界、特に長期の工期を有する新築工事などの
消費税増税の緩和措置です。

よく言われているのは、
消費税増税の半年前までの契約物件については、引渡しが増税後
となっても5%適応という事です。
つまり今年の9月末、今月中までの契約済み物件が対象という事です。

もうひとつの条件、今年の10月以降の契約物件については、来年平成26年3月末までの
引渡物件についても、5%が適応になります。
(これは、なんか当たり前のような気がしますが・・・)
ちなみに、この場合の引渡しとは最終金決済を済ませた上、鍵の引き渡しを
行った物件を言います。

これは、もうほぼ確定のようですね。
正確には10/1以降に色々と詳しい事が発表されてくるようです。
例えば、今月末契約物件の引き渡しの期限とか・・・
業者支払いの消費税増税の還付申請とか・・・(我々工務店にはこれが重要です。)


それから、もうひとつ気になる、住宅ローン減税の改正 と すまい給付金 の話も聞いてきました。

まず、住宅ローン減税の改正案は、
適応期限を平成26年1月1日から、平成29年末まで4年間延長。
また、現行の借入限度額2000万円、最大控除額200万円から、
借入限度額4000万円、最大控除額400万円に、
長期優良住宅、低炭素住宅は、借入限度額5000円、最大控除額500万円との事です。
住民税からの控除上限度は、9.75万円から13.65万円に拡充されます。

untitled.bmp

イメージとしては、年収400万円、住宅ローン2700万円なら、10年間の控除総額は
約185万円から約207万と、約22万円の追加控除となります。

次に、名前はよく聞いていた『すまい給付金』です。
この制度は、住宅ローン減税の拡充と併せて、住宅取得者の増税による負担を緩和するとを
目的としているとのことですが、具体的には
住宅取得者の、収入に応じて現金支給される制度の事です。

給付額については、国土交通省のチラシによると、

kyuufu.gif

消費税8%の場合、
収入額425万円以下、都道府県民税の所得割額、6.89万円以下の方が 給付基礎額30万円。
425万円超え475万円以下、6.89万円超8.39万円以下の方が、20万円。
475万円超え510万円以下、8.39万円超9.38万円以下の方が、10万円。
また10%の場合は給付額が変わります。

ちなみに夫婦連名など1件の住宅に対し複数の住宅の所有権を持つ人がいる場合は、
その持ち分の割合に応じて、給付額も変わってきます。

ちなみに下の国土交通省のホームページで給付額のシミュレーションが行えます。
右斜め下http://sumai-kyufu.jp/simulation/index.html

それで、この住宅ローン減税の拡充とすまい給付金を併用すると、
消費税8%後の方がメリットが大きいケースもあるようです。

みずほ総合研究所の試算によると
年収400万円の世帯の場合、
(2800万円の土地付住宅、土地1008万円、建物1792万円、借入2333万円の場合)
増税による負担増は54万円。
ローン減税による負担増(10年間)−26万円。
すまい給付金     −30万円。
最終的な負担金は、−2万円 となっております。

これが年収500万円の場合は最終的な負担は−22万円。
年収800万なら−78万円との事です。

年収が高い層の方が、緩和される傾向にあるようです。
(年収の低い層にこそ、緩和されるべきでは?と思いますが)

これは、年収、建て物の価格(課税対象)土地の価格(非課税)、借入額など
条件によっては、8%への増税後でも金額が変わらないケースもあるようです。

ただし、10%となるとなかなか負担額の方が大きくなる傾向にあるようですね。
増税による駆け込みがあるとすれば10%になる前でしょうか?

しかし、ここまでいろいろと具体的に決まっている事を考えると、
まだ未確定とはいえ、増税は間違いなくされるんでしょう・・・


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:24| Comment(0) | お知らせ情報

2013年02月23日

省エネ改修工事、バリアフリー改修工事に国からの補助金

こんにちは、現場監督Nhですぴかぴか(新しい)

タイトルどおりですが、国から省エネ改修工事・バリアフリー改修工事に
補助金が出ます。

これは、今月26日にも成立する予定の平成24年度補正予算案に盛り込まれた

住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業によるものです。

まずはその情報提供についてこちらをご覧ください左斜め下
http://www.kenken.go.jp/shouenekaishu/index.html

補正予算案の成立後、公募が開始されます。


簡単にお伝えします。
【事業の要件について】
躯体(天井・壁)の省エネ改修を伴う住宅・建築物の改修工事をする事です。
具体的には天井や壁の断熱改修や開口部の二重サッシ入替や内窓設置です。
また、高効率設備への改修、バリアフリー改修等が該当します。
住宅エコポイントの仕様をイメージして頂ければ分かりやすいかもしれません。
次に、改修前と比較して10%以上の省エネ効果が見込まれる事とあります。
その他にもいくつかの要件があります。


【補助対象費用について】
省エネ改修工事に要する費用が対象です。
また、省エネ改修工事と併せた場合に限りバリアフリー改修に要する費用も
対象となります。
これも、住宅エコポイントと同様ですね。


【補助率・上限について】
上記の改修を行う建築主等に対して、国がその費用の1/3を支援します。
また住宅においては、1住戸あたり50万円を上限とし、バリアフリー改修を行うにあっては、
1住戸あたり25万円を限度として追加できます。
ただし、バリアフリー改修部分は省エネ改修の額以下とされています。


【公募・事業登録、着工、実績の報告期間について】
公募・事業登期間は予算成立日から14日後(予定)までとなります。
事業登録には邸名・住所・改修工事種、バリアフリー工事の概算額・簡単な図面が必要です。
着工可能になるのは、提案採択日以降となります。
完了期限は平成26年2月までに完了するものになります。


以上、簡単に説明させて頂きましたが、詳しくは当社までお問い合わせ頂ければと思います。
今月26日には補正予算が成立する予定ですので、そこからの公募期間が2週間と
あまり時間がありませんが、省エネ改修等をご検討中の方は、
ぜひこの事業を利用してみてはいかがでしょうか?



現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ情報