2017年04月05日

店舗の改修工事をさせていただいております。その2

店舗の改修の現場レポートです。

IMG_3721.jpg

シャッターの下地工事が終わりました。
真ん中の柱のところで、シャッターが2枚に分けて設置します。
左側が、電気屋さんの店舗、右側は、貸し店舗とされるそうです。

さらに左側には、スライドドアのフロントサッシが設置される予定です。

IMG_3724.jpg

フロントサッシを設置するための下地も作らせていただきました。

さて、内部の方も、

IMG_3701.jpg

こんな感じに工事が進んでおります。

完成が楽しみです。


○株式会社 いろどりの家(工務店) 
・HP http://irodorinoie.com  
・Facebookページ  https://www.facebook.com/irodorinoie2013/
・現場監督Blog http://irodorinoie.sblo.jp
・スタッフ日記 http://irodori-staff.sblo.jp
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2017年04月04日

店舗の改修工事をさせていただいております。

先月から、店舗の改修工事をさせていただいております。

IMG_3595.jpg

こちらのお店は電気屋さんで、店舗の中を半分に間仕切るというご計画です。

IMG_3619.jpg

それに伴い、新たにシャッターを2枚設置し、内部は間仕切壁で仕切ります。

IMG_3608.jpg

まず基礎工事です。

IMG_3615.jpg

店舗を間仕切るための基礎ができました。
これに柱を立て、シャッターの下地を作っていきます。

IMG_3629.jpg

今回は、お店を営業しながらの工事なので、既存のシャッターと自動ドアはギリギリまで
残しながらの工事になります。
内部の間仕切り壁と外部の壁は、途中まで作っておいて、
新しいシャッターが付いてから、既存の自動ドアも解体し、
それから、内部と外部の間仕切り壁をつなぎ、新しい自動ドアを設置するという工程となりました。

IMG_3652.jpg

内部の壁の下地が出来てきました。

IMG_3654.jpg

壁には、棚などが取り付けられるようにラワンベニヤを使用しています。
この壁と、外部の壁を、後日つなぎます。

IMG_3674.jpg

ちょうど、真ん中に柱がありますが、ここに新しいシャッターのレールが付く予定です。


○株式会社 いろどりの家(工務店) 
・HP http://irodorinoie.com  
・Facebookページ  https://www.facebook.com/irodorinoie2013/
・現場監督Blog http://irodorinoie.sblo.jp
・スタッフ日記 http://irodori-staff.sblo.jp
posted by スタッフ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2016年02月10日

リフォームトイレの工事!!

こんにちは、いろどりの家の西田です

トイレのリフォーム工事のご紹介です(*^_^*)
リフォームといっても、今回は便器の交換です。

まず、Before

IMG_4541.jpg

過去に一度、便器の交換をされているということで、リモデルタイプのトイレでした。
便座もウォシュレットではなく、暖めるだけのウォームレットでした。

IMG_5203.jpg

古い便器を外すと、リモデルタイプの配管が見えます。
これは、昔と今では排水管の位置が違うので、それに対応するための部材です。

IMG_5205.jpg

その部材も外すと、本来の配水管の位置があらわに。

つまりこの配水管の位置に、リモデルではない通常のトイレを設置すると、かなり
前に便器がせり出してきます。

9745.jpg

これが、今回のトイレのリモデルの配管です。

IMG_5229.jpg

はい、新しいトイレ(*^_^*)afterです〜〜。
色も同じですし、一見、変わらないように見えますが、新しいトイレです。
TOTOのピュアレストQR トルネード洗浄で大4.8Lの節水タイプです(*^_^*)

ウォシュレットはオート開閉、オート洗浄もついた、アプリコットの最上位タイプ 

IMG_5231.jpg

フタをあけるとほんのり照らしてくれます(*^_^*)
オート開閉機能つきなので、トイレのドアを開けると便座のフタが自動で開きます(*^_^*)

これで、快適なトイレライフをお送りいただく事ができることとなりました〜〜。


○株式会社 いろどりの家(工務店) 
・HP http://irodorinoie.com  
・Facebookページ  https://www.facebook.com/irodorinoie2013/
・現場監督Blog http://irodorinoie.sblo.jp
・スタッフ日記 http://irodori-staff.sblo.jp
○カフェirodori(フレンチトースト専門店) 
・HP http://cafeirodori.com/index.html
・Facebookページ  https://www.facebook.com/casual.french.cafe.irodori/
posted by スタッフ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2015年12月11日

キッチンリフォーム完成です!!

こんにちは、いろどりの家の西田です

キッチンのリフォーム工事が完成しました(*^_^*)

クリナップのキッチンです(*^_^*)

とりあえず、こまかいところの紹介です。

S__6971411.jpg

床は、もともとの床の上に重ねて貼るので、こういった窓の掃き出しのところなどは、
床を三角に削ります。
こういった事が出来るのも、無垢材のフローリングだからこそです(*^_^*)

IMG_4335.jpg

やっぱり、無垢材の床はいい雰囲気がでます(*^_^*)
今回は、クリの節有の無垢フローリングです。それにオスモカラーを塗って仕上げています(*^_^*)

S__18866193.jpg

また、キッチンのみの交換ではなく、
キッチンのお部屋丸まるリフォームで、壁や天井はクロスの貼り替え、
巾木や廻り縁、枠廻りなどは、ペンキを塗りなおします(*^_^*)
こういう、細かいところを抑えるだけで、完成したときの雰囲気がずいぶん変わります。

IMG_4040.jpg

これが、以前のキッチン。

そして、

IMG_4327.jpg

あたらしく生まれかわったキッチンです。

IMG_4330.jpg

明るく、素敵な空間になりました(*^_^*)

お客様にも大変、喜んでいただきました(*^_^*)


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2015年12月10日

お風呂の増築工事の続き

こんにちは、いろどりの家の西田です

お風呂の増築工事のご紹介の続きです。

IMG_1427.JPG

棟上が終わり、外壁です。
ラスカットにモルタル塗りのEP仕上げで行きます(*^_^*)
既存の外壁に色や質感をあわせます。

IMG_1581.JPG

そして、内部は・・・

IMG_1445.JPG

こんな感じです。
毎度おなじみの高性能グラスウールに、防湿フィルムです。

そして、開口部には・・・

IMG_1571.JPG

APW330  高断熱樹脂窓です。

この組み合わせがいろどりの家の標準仕様です(*^_^*)

システムバスが組みつけられました。

IMG_1572.JPG

ご高齢のお施主さまのために、手すりを3箇所取付。

これで、お風呂に入るために 雨の日も笠をさして、道路を渡ってお向かいの息子さんの家に
行かなくてすむようになりました。

毎日、快適にお風呂に入っていただいております(*^_^*)

めでたし、めでたし!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2015年12月03日

お風呂の増築工事のご紹介!!

こんにちは、いろどりの家の西田です

今日は、今年の夏にさせていただいたお風呂の増築工事のご紹介!
こちらのおうちは、以前、工事をさせていただいたお客様のM様からのご紹介で、
Mさまの奥様のご実家の改修です。

ご両親のお住まいには、お風呂がなく、いつも、道路を挟んで向かいの息子様の家のお風呂を
使われているとの事。それだけでも不便ですが、雨の日など、天候の悪い日は、大変で、またご両親も
高齢になられ、毎日、とても不便な思いをされておられました。

そこで、お風呂の増築をすることになりました。

IMG_0516.jpg

ちょうど、ご実家の南側にスペースがあり、ここにお風呂を増築です。

IMG_1160.JPG

基礎の着工、排水や給水の仕込みもします。

IMG_1367.JPG

基礎ができて、大工さんが土台を敷きます。

IMG_1380.JPG

棟上です(*^_^*)!!

ちょうど、真南で、この工事のときは真夏。
大工さんも、汗びっしょりで頑張ってくれていました!!

お風呂のサイズは1616です。
ちょうど、一坪分の増築工事になります(*^_^*)

さて、このつづきは、また次回にご紹介したいと思います(*^_^*)


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html


posted by スタッフ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2015年12月01日

キッチンのリフォームをしています。

こんにちは、いろどりの家 現場監督 西田です

奈良でキッチンのリフォームの工事をさせていただいております。

IMG_4040.jpg

昔からあるブロックタイプのキッチンでしたが、今回、クリナップのシステムキッチンに入れ替えます。
それと同時に、天井、壁のクロスを貼り替え、床もリフォームです(*^_^*)

IMG_4052.jpg

こちらは、解体後の状況です。

S__18866188.jpg

フローリングは、クリの無垢フローリングにオスモカラーを塗装したものです。
やっぱり無垢材の床はいい感じです(*^_^*)

完成が楽しみです〜〜(*^_^*)

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のホームページはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

お問い合わせフォームはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/mailform.html

posted by スタッフ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2015年04月02日

今日は新住協勉強会でした(*^^*)

こんにちは、いろどりの家 監督兼社長の西田です。

北摂を中心に高槻で真剣に高断熱・省エネ・快適エコな家づくりに真剣に取り組んでいる
いろどりの家ですが、その高断熱住宅の技術は、
特定非営利活動法人 新木造住宅技術研究協議会(通称:新住協)に所属して
学んでいます。
今日はその新住協の関西支部の2か月に一度の定例勉強会でした。

11058793_640685269396318_1882784300564688624_n.jpg

新住協で勉強させていただくようになって、もうかれこれ2年になります。
最近は、関西の会員さんも増えてきまして、今日は54名の参加されていました。
いつもは、高断熱に関する技術的な勉強会ですが、今日は、珍しく営業的なお話。
技術ばかり勉強しても、実際に契約できなければ、せっかくの高断熱住宅も普及しないということから、
今日の営業的な研修で、これは大変目からうろこの内容でした。

そして、懇親会です。
お初天神通り商店街にあるニューミュンヘンというお店でした。

11096539_640685216062990_6195093760678177950_n.jpg

そして、帰りにお初天神さんによって、夜桜です(*^^*)

11015170_640692102728968_8954916819500144030_n.jpg

たしか、去年も新住協の懇親会のあとお初天神で夜桜を見ていました。
なんだか、毎年の恒例になりそうです(^-^;

さて、あさっては、長岡京でさせていただいていました
終の棲家、断熱リノベーション工事の完成見学会。
素敵な雰囲気のお家になりました(*^^*)

たくさん、見に来てくれて、健康で快適な高断熱、省エネ住宅を知っていただきたいです(*^^*)

今からでも、間に合いますので、ご興味のある方は、Facebookか、会社に直接お電話ください(*^^)v





facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

いろどり通信バックナンバーはこちら
右斜め下http://irodoritusin.sblo.jp

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下
http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 22:04| Comment(0) | 現場監督日記

2014年12月26日

今日は年末の大掃除です。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は、年末の大掃除です。

1年間の感謝と労いの気持ちをこめて。

IMG_2898.jpg

まず、午前中は最近、全然出来ていなかった水槽の掃除。
水替えです。バタバタするとどうしても水槽のメンテナンスが億劫になってしまいます。

IMG_2894.jpg

キレイになりました。

午後からは車の掃除です。

10669144_753659164729137_9218887576151100076_o.jpg

水槽に、洗車に、今日は寒かったです。

1909325_753659178062469_2088991449028596541_o.jpg

大工さんたちも、大掃除に来てくれました。
大工さんたちは倉庫の掃除と資材の整理です。
事務者の掃除は、他のスタッフがしてくれました。

今日で年内の営業は終了です。
年明けは、6日から通常営業になります。

今年一年、こうして無事終える事が出来たのも、スッタフや職人さん、業者さん、
そして、いろどりの家に仕事をさせてくださったお客様たちのおかげです。

今年もたくさんのご縁をいただきました。
本当にありがとうございました。

来年も、もっともっと
飛躍できるよう頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

それでは、皆様、よいお年を!!

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:16| Comment(0) | 現場監督日記

2014年10月24日

リビングからお庭へ出るための階段をつくりました。

こんにちは、いろどりの家の西田です。

以前、介護保険を使った住宅改修で手すり取り付け工事をさせていただいたお客さんのお宅で、
リビングの掃き出し窓から既存のステップに下りるのに高さがあるので、
何とかして欲しいと相談がありました。

IMG_9972.jpg

既存のステップと家の床の高さの差が約25センチです。
前回の介護保険をつかった工事の際もここに手すりを付けるという案もあったのですが、
その時は、必要ないとの事で工事はされなかったのですが、
先日、お庭に下りようとされた際に、転倒されてしまったとの事で、
今回の工事となりました。

その時、必要ないとされた理由ですが、そもそも介護保険を使って住宅改修をする場合に
なぜ、その改修が必要かという理由をケアマネージャーさんに書いてもらう必要があり、
このお庭への降りる理由が、お庭や花壇の手入れだったのですが、ケアマネさんから
『介護が必要なのに、お花の手入れのために無理にリビングの掃き出し窓から降りないでください。
玄関から出て、玄関につけた手すりをつたって、裏の庭へ行ってください。』
とのことで理由にはならず、付けられなかったのです。

で、今回、無理に手すりのないリビングの掃き出し窓から、降りようとした際に
転倒してしまったということです。
幸い、怪我がなくて良かったのですが、
今後の安全のために、今回の工事となりました。

私が提案したのは、既存のスッテプを上手く残しながら、階段の段数を増やし
補助手すりをつけることです。

IMG_0547.jpg

こんな感じです。
上手く化粧リブブロックを使うことで、コスト削減を図っています。

大体、階段の1段の高さは10センチくらいで、全部で4段。
リビングの床から、1番始めに足を突く段は、広めに作っています。
また、一番上の段は、極力サッシの下場ぎりぎりまであげる事で、
極力、部屋との段差をなくしました。

どおしても、アルミサッシを跨がないとだめなので、
その部分の踏み面を高く、広くする事で、安全に降りられるように考えています。

IMG_0551.jpg

また、窓枠にも縦に手すりをつけ、さらに安全性を高めています。

お施主様もこれで安心してお庭に出られます。

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:56| Comment(0) | 現場監督日記

2014年10月23日

日本の住宅の断熱性が世界的に見て低いという件

こんにちは、いろどりの家 西田です。

今日は、毎週木曜日に参加している異業種の事業主さんがあつまるビジネスミーティングにて
私の仕事についてのプレゼンテーションをさせていただきました。

時間は10分という限られたものでしたが、いろどりの家として、
目指す、健康で快適な暮らしを経済的に実現する家づくりについて、
話す事ができました。

またその後、この異業種交流会のメンバーで司法書士の先生とお話をさせていただく機会もいただきました。
建築と司法書士のお仕事は、全然関係ないように見えて、実は一緒にお仕事をする事があるんですね。
それは、家を建てたときの登記とか、住宅ローンを組んだ時の抵当権をつけたりとかです。
また、最近では、相続の問題なんかでも色々と関係があったりします。

その中で、こちらの先生は生活保護について力を入れておられ、住宅の断熱に密接に関係する問題について
話を聞かせていただきました。

10662226_1483284365276285_4239848819628346847_o.jpg

それは、上のチラシにもあるように、寒冷地には冬季の暖房費がかかるために生活保護費の冬季加算というものがあるようです。しかし、この冬季加算を引き下げるという動きがあるということです。
冬季加算という仕組みがあることすら知りませんでしたが、確かに寒冷地において
暖房のための光熱費はかなりの出費ですね。これが、ただでさえ生活の苦しい状況の方にとって、
この冬季加算が引き下げられるということは、文字通り『命に関わる』問題です。

しかも、今後、電気代を始め灯油代など、燃料費はどんどん値上がりしていくことは
どう考えても避けられない状況です。しかも来年の10月には消費税が10%になるということもあります。

9943232e.gif

余談ですが、ヒートショックによる死亡者数は季節的に10月頃から増加していきます。
そのタイミングでの増税。寒冷地において、断熱性の低い住宅に住む、生活の苦しい世帯にとっては
まさに命取りです。

3-graff02.gif

こんなデータもあります。
長野県、秋田県、岩手県など、やはり本州において寒い地域は寒さや温度差が
原因で起こるヒートショックなどによる死亡者数が、圧倒的に多いということです。
また-10度、-20度とかになる本気で死ぬほど寒い寒い北海道は住宅の断熱性能が高い住宅が
多いので、実は一番、寒さでなくなる方少ないです。南の暖かい九州の鹿児島よりも多いということも分かります。
これは、北海道を除いて、寒くなれば寒くなるほど死亡者が増えるということです。我慢できる人はいいですが、我慢できず、耐えられない方は亡くなってしまうという事が分かります。

これも日本の住宅の断熱性能が低すぎるから起こる事実なんですね。

今日は、午後から、京都でYKK主催の松尾先生のセミナーがありましたが、
いかに日本の住宅の断熱性能が世界と比べて低いか、分かりやすい話がありました。

IMG_0426.jpg

イギリスは、19度以下は健康リスクが現れるとされています。
16度以下は呼吸気障害、心疾患など、深刻なリスクが現れる温度、
10度以下は高齢者に低体温症が現れる温度とされています。
日本のほとんどの住宅は冬には10度以下なんじゃないでしょうか?

アメリカは、断熱性能の低い、暑さ、寒さ、結露、の大きな原因となるアルミサッシの使用を禁止。
日本のほとんどの住宅は、いまだにアルミサッシ、しかも単板ガラス。結露しまくりのサッシです。

ドイツは、室温19度以下の住宅に住むことは、基本的人権の侵害。室内にカビが生えることは瑕疵だそうです。ドイツの人にとっては、おそらく日本のほとんどの既存住宅は基本的人権侵害の家、人間の住む空間じゃないんでしょうね。

日本は、世界的に見ても断熱後進国ということが、よく分かります。

いつも言いますが、交通事故でなくなる方の数は、年間5,000人以下になってきています。
これは、道路交通法や道路交通安全の取締りの強化や、車の自動安全ブレーキシステムなど普及によるものですが、
年間17,000人も亡くなっているヒートショックの原因とされる住宅内の温度差、つまり断熱に関する
規制も、義務も、最低基準がないということが大きな問題です。

話を戻しますが、それなのに、生活保護の冬季加算の引き下げというのは、あんまりにも
人の命を軽く見ているとしか言えませんね。

日本の断熱性能の基準が見直され、義務化され、国内の既存住宅の断熱改修が進めば、
当然、医療費負担も減るはずです。今後、ますますヒートショックになる可能性の高い高齢者が
増えていく時代なのですから。
今日のセミナーで松尾先生も言っていましたが、国の政策として住宅の断熱改修が進めば、雇用の問題も解決されるんじゃないでしょうか。それにより建設業界が潤い、そこからも税収も望めると。
まさにその通りだと思います。
ドイツでは、すでにそうされているそうです。
国が動かないなら民間から。
というわけで、これからもいろどりの家は、高断熱、省エネ、快適エコな家づくりに勤しんでいこうと思います。

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:32| Comment(0) | 現場監督日記

2014年10月15日

地域密着工務店を目指しています。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

ただいま、高槻市のO町で工事をしております。
このO町はというと、以前、自然素材系リノベーションの工事をさせていただいた地域です。

そのご近所に、工事中のご挨拶チラシを定期的にお配りしていたのですが、
その賜物?なのか、ずっとお配りしていたご挨拶チラシをとっていただいていたお宅の工事を
させていただくことになりました。

IMG_9980.jpg

それがこのチラシ。
じつはこのお客様はN様という弊社のOB顧客様でいらして、いろどり通信を初め、年賀状、暑中見舞い、
弊社営業スタッフ東野の新任挨拶状まで、とっていただいていたようです。

これには、私も感動してしまいました。

さらにこのN様の工事のお打ち合わせをしているほぼ同時期に
自然素材系リノベーションのK様のご紹介でご近所の方、それもお二人から、
K様の工事を見て、良かったからということで、弊社に工事のお見積もりのご依頼をいただきました。
そのお二人のうち、お一人の方は、そのご自宅ではなく茨木市にお住まいの娘さん宅の
工事のお見積もり依頼でした。

またN様からはご紹介でN様のはす向かいのお宅の水道の水漏れの修理のご依頼をいただきました。
なんと、この方と、先ほどのK様のご近所の方のT様のもう一人の娘さん宅ということで、
偶然にも、ご姉妹で同時期に、別ルートで弊社に工事のご依頼をしていただいていたということが
分かり、世間は本当に狭いと感じました。

また、このO町では、もう1件、ベランダの防水工事もさせていただく事になり、
半径200m圏内のエリアで、5件もお仕事をさせていただく事になり、
地域に密着した仕事ができてきているように思います。

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/




posted by スタッフ at 20:06| Comment(0) | 現場監督日記

2014年10月03日

Facebookのカバー写真を変えました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

先日、覚えたパワーポイントでつくったプレゼン資料の表紙が気に入ったので、
思い切ってFacebookページのカバー写真にしてみました。

IMG_0505.PNG

iPadで表示したらこんな感じに見えます(*^_^*)
ついでにプロフィール写真も いろどりの家の 経営理念にしてみました。
雰囲気が変わって個人的には、かなりはまっています。

BNIメインプレゼンテーション.png

省エネ住宅をつくる手法として パッシブデザインがあります。
そして、ローエナジーハウス つまり 低燃費住宅です。

いろどりの家の目指す家づくりがここにあります。

そんな想いをこめてつくったカバー写真です(*^_^*)

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 21:58| Comment(0) | 現場監督日記

2014年08月12日

床下エアコンつきました!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

お盆休みに入るので、頑張ってブログ更新しているわけではありませんが、
明日から、お盆休み(8/13〜8/17)をいただきます(お休みの間も、電話対応はしております。)

さて、現場の様子です。

ロフトへ上がるハシゴが完成しました。

IMG_8187.jpg

そして、外構工事。
ポストと門灯とインターホン。電気屋さんと大工さんです(*^_^*)

IMG_8194.jpg

そして、今日のメインディッシュ。床下エアコンの設置。
ちょうど、設置には立ち会えませんでしたが、
現場の大工さんからLINEで実況つきで写真が送られてきました。

IMG_8197.jpg

まずは、床下への開口です。

IMG_8204.jpg

そして、壁に設置です。

IMG_8207.jpg

引きの写真。
現場の大工さんからの感想。
床下エアコンから一番、遠くの和室の床換気ガラリからも冷気が吹き出していたそうです。
近くのガラリは、寒いくらいとのこと。(一体、何℃で温度設定したのやら?)
しかし、床ガラリから、風量があるということは、ちゃんとエアコンが一階の空気を吸って
床下に、風を送っている証拠。
冷気は重いので、下に溜まると思うのですが、それでもエアコンの押し出す力があるからか
上手く言っているような感じですね。
この分だと、冬場の暖房がかなり期待できます。

お盆休みの間、ちょこっと現場に行って確認しようと思います。








 
posted by スタッフ at 21:44| Comment(0) | 現場監督日記

2014年08月11日

もうすぐ完成!!

こんにちは、いろどりの家 西田です。

長い間、ブログの更新が滞ってしまいました。
私の妻の実家の様子です。
お盆明けの8/23、24にいよいよ完成見学会を行います。

一部、現場の写真を公開します(*^_^*)

玄関.jpg

まずは玄関の入ったところの正面の壁です。
3種類の厚みの吉野杉の材料を、でこぼこになるように
ブロックタイル調風に貼りました。
杉の源平といって赤身と白太の部分のバランスがかっこいいです。

玄関2.jpg

天井に間接照明を仕込む予定です。

次にリビングです。

LDK壁3.jpg

吹き抜けの部分です。

LDK壁4.jpg

隅にあるのが、TVボード兼、床下エアコンのラックです。

LDK床2.jpg

アップ。

2階です。

2Fオープンスペース2.jpg

ちらっとしか見えませんが、2階の床は吉野杉です。

2Fオープンスペース.jpg

壁に棚やTVボード、奥の壁は吉野杉の羽目板です。

完成見学会は8/23、8/24で 時間は10時から17時です。
開催時間中はいつでもご来場いただいても構いません。
ご見学希望の方は、弊社までご連絡ください。
Facebookでもメールでも電話でも構いません。

たくさんのご来場、お待ちしております(*^_^*)

facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 21:48| Comment(0) | 現場監督日記

2014年07月21日

現場見学会をしました。ご来場ありがとうございました。

こんにちは、いろどりの家 西田です。

昨日、今日と吹田で工事中の私の妻の実家建替え工事の完成目前見学会を行いました。

IMG_7401.jpg

凄く暑いので、ビーチパラソルを用意しました。日射遮蔽です。

IMG_7427.jpg

南面はベランダにいろどりラインを施しています。

IMG_7412.jpg

けっこう目立ってくれていて、見学会にお越しのお客さんの目印になったようです。

IMG_7486.jpg

昨日はご近所さんや今、家づくりの打ち合わせ中のお客様、
今日は、名古屋からご家族でお越し頂いた方もいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。

あと、高槻YEG(商工会議所青年部)で一緒の方が、そのお仲間を連れて来ていただき、
色々と省エネ住宅の話をさせていただきました。

IMG_7500.jpg

それから、いつもお世話になっている、
新住協関西支部の支部長のダイシンビルド清水さんもお越しいただきました。
いつもありがとうございます。

IMG_7506.jpg

ご近所の方も何組が着ていただきました。
私のご挨拶チラシを見ていただいているようで、
本当にありがたいです。

IMG_7510.jpg

IMG_7498.jpg

お茶目な東野です。

IMG_7432.jpg

昨日は、うちの子供たちも現場に来て、
釘うち体験をしていました。

完成まで、もうすぐ。
お盆までには工事は終わりそうですが、完成見学会は8/23(土)、24(日)に行う予定です。
完成見学会時には、床下エアコンの効果や高断熱住宅の性能が体感できると思います。
非常に楽しみです。


facebook西田.png
西田宏則
facebook お友達申請大歓迎!!

当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/

posted by スタッフ at 20:08| Comment(0) | 現場監督日記

2013年06月03日

勝手口の現場が完成しました。

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

先日から工事をさせて頂いていた、勝手口入れ替えの工事が完成しました。

DSCF3372.jpg

アフターです。グッド(上向き矢印)

DSCF3219.jpg

こちらはビフォーグッド(上向き矢印)

内部。

DSCF3335.jpg

シックな感じに仕上がりました。

DSCF3336.jpg

これは、工事とは別なのですが、
お客さんへのプレゼントです。『プラス1(ワン)』ですね。

踏み台。

DSCF3337.jpg

はい、プラス2(ツー)です。

こういう、サプライズ的なものはお客さんにとくに喜んで頂いておりますぴかぴか(新しい)



現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2013年05月24日

なんかこう縁を感じる事があります。

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

日ごとに暑くなってきましたね。
ただまだ朝晩は冷えますので、夜窓を開けたまま寝ると風邪をひいたりします。
というわけで、私、風邪、引いていますふらふら

さて、今日の現場監督日記ですが、だんだんとタイトルも思い浮かばなくなってきまして
変なタイトルですが、

今日は、昨年の7月ごろに工事をさせて頂いたお客さんのI様の所へある商品の納品に行ってきました。

DSCF3250.jpg

グッド(上向き矢印)ブログでも紹介した玄関にパナソニックのリアロを貼った現場です。


先々週の事だったかと思いますが、堀座卓に足を伸ばせるように
スノコをつくってほしいとのご依頼を受け見に行ってきました。

I様のお宅は築20年という事で、初めからリビングに堀座卓が
付いていたとのことなのですが、足を曲げて寝転がるのがしんどいので
スノコを、大工さんにつくってもらえないか?とのご依頼でした。
でも、大工さんにわざわざつくってもらうとやはりそれなりに施工費がかかります。
で、どうしようかと考えながら、その堀座卓を見ていると、
ナショナル製(今はパナソニック)ということが分かりました。

ここで、はっと思いだしたのが、同じく昨年I様の工事をしていたころ、
パナソニック製の堀座卓の工事をし、さらに今、新たな工事の打合せを
している最中のK様邸の事です。

もしやK様邸の堀座卓の時にオプションでつけたフットレスト(既製品のスノコ)が
サイズ的に合うのでは?と、I様邸の堀座卓の框や受け桟の寸法を計り
つぎに、K様邸に行って昨年納めたフットレストの寸法を測ると、
なんとぴったり納まりそうです。
同じメーカーとはいえ、20年前と今とで寸法が同じだったのです。

で、そのフットレストを注文して、今日納品しに行ってきたのですが、
写真の様にぴったり納まりました。

DSCF3250.jpg

グッド(上向き矢印)じつは、堀座卓で足を曲げたまま寝転がるのはきつい体勢のようで、
足を伸ばすための商品です。だから名前もフットレスト(足を休ます)です。
これは、K様も同じことを言っておられ、フットレストはつけて正解と言われています。


I様邸とK様邸、昨年どちらも同時期に工事をしたお客さま、
もちろんお互いに面識はないのですが、たまたま今同じ時期にご連絡を頂いて、
しかも内容がリンクするようなことになり、

なんかこう縁を感じる事があります。

これまでも、なんどかこういう経験があります。
例えば、Aさんという職人さんと何年かぶりに一緒に仕事をしていたら、その最中に
昔Aさんに仕事をしてもらったお客さんから見積もり依頼の電話があったりとか。


で、そのK様邸でしている工事が

DSCF3263.jpg

昨日、ブログで紹介した、
ウッドデッキに出るためにスライド勝手口をつける工事です。

DSCF3266.jpg

今日は、内部の大工工事が終了です。
壁にはシナベニヤを使い、後日、着色して完成の予定です。

さあ、これからも縁を大切に仕事をしていこう!!と思う今日この頃でした。

以上。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2013年05月23日

スライドの勝手口の工事です。

こんにちは、現場監督Nhですぴかぴか(新しい)

今日は、昨年の7月に堀座卓の工事をさせて頂いたお客様のお宅で
今度は、ウッドデッキに出るための出入り口をつくる工事をさせていたいております。

まず、こちらが、
もともと付いているサッシの写真。

DSCF3031.jpg

ウッドデッキで、お布団を干されているのですが、今は玄関を出てこなければ
いけないので、直接お部屋から布団を干せるようにしたいとのことで、
今回の工事となりました。

DSCF3219.jpg

養生して、面格子などを外した状態です。
提案の際に考えたのは、出入り口の有効の開口寸法です。

もともとのサッシは幅が120pありまして、引き違いのサッシなので、単純に
有効開口寸法はその半分の60p。サッシの両側には柱があり、
それ以上大きなサッシは入れられません。
60pというと、人が通るには通る事ができますが、
お布団を持って出入りするには少し狭いです。

これを腰窓だったのを単に掃き出しに入れ替えるだけでは、
いけないと思い、いろいろと考えて出てきたのが、
このスライドドアのLIXILのガゼリアNエアスライドです。
このサッシは、有効開口寸法で約85p取れます。
他に候補があったのは、勝手口ドアや、折れ戸など、
予算や納まり、見た目、使いやすさを検討した結果、ガゼリアNになりました。

DSCF3239.jpg

今日一日で、戸締りできるようにしなければと、大工さんも頑張ってくれました。
明日は、内部の仕上げです。

今日は、工事中にご近所さんからお見積り依頼を頂きました。
有り難い事です。


現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記

2013年05月22日

早田宏徳氏の講演を聞いてきました。

こんにちは、現場監督Nhです晴れ

みなさん、『低燃費住宅』という言葉を耳にされた事がありますか?
意識した事はなくとも、なんとなく耳にした事がありそうではありませんか?
昨日は、この低燃費住宅という言葉をつくられた、
(商標登録されているそうです。だから勝手に使えません。)
早田宏徳氏の講演を聞いてきました。

昨日は、LIXILのセミナーで、(社)日本エネルギーパス協会の代表理事として
講演をされていました。
なぜ、こんな回りくどい言い方をするかというと、
この方、他にもいろんな団体や会社の代表をされているからなのです。

そのどれもが、低燃費住宅、ゼロエネ住宅、省エネ、エコというカテゴリーで区分される
分野の団体なのですが、
それを普及させ日本の住宅の性能を底上げ、また地球の環境への貢献という
活動をされている方です。


と、前置きが長くなりましたが、
私が今回のセミナーに参加した理由は、テーマが『エネルギーパス制度』について
というものだったからです。
そして、当社が賛助会員として加盟し、私個人もその団体の登録省エネ建築診断士でもある
パシッブハウスジャパンでは、
超省エネ住宅のパッシブハウスの普及を命題に、環境やエコを唱えているわけですが、
同じ志を掲げる他の団体の方の話を、客観的に聞いてみたかったということがありました。

『エネルギーパス制度』、私がこの言葉を知ったのは、パッシブハウスジャパンの
代表理事の森みわさんの著書、世界基準の「いい家」を建てる を読んだ事です。

エネルギーパスとは、簡単に言うと、各住宅毎にその住宅の燃費性能を示し、
定められた省エネの基準をみたすという証明書がなければ、新築住宅を建築することはおろか、
既存中古住宅の売買、賃貸までもすることができないという制度です。

この制度は2008年よりドイツが発祥でが、(ちなみにパッシブハウスもドイツ発です。)
いまやEU各国でこの制度が実用されており、お隣の中国でもこのエネルギーパス制度の実用に向けて準備段階とか。

講演の前半では、なぜこのような低燃費住宅が必要なのかという事の解説です。

これがまだまだ日本人には身近な問題としては意識が低く、3.11移行
急速に省エネへの関心が高まっており、自動車、家電業界に大きく遅れるものの、
住宅業界でもようやくこの省エネの時代へと入ろうとし始めております。

しかし、現状として恥ずかしい事に我々の住む大阪というエリアは他府県に比べ
非常にエコや省エネへの意識が低いとのことです。
氏も2年くらい前までは、大阪で省エネやエコ、次世代省エネ以上の性能の話をすると、
工務店の社長さんの方々から、
「ここは、大阪やで。そんなんいらん。」「土地が高いのに高い家なんか売れへん。」
「やすくならな売れへん。」
・・・と、氏の話を聞く人は、大阪では少ないようです。
たしかに、身近をみてもまだ真剣に省エネに取り組んでいる業者さんはあまり聞きません。

しかし、どうでしょう、東京では、ものすごい勢いで低燃費住宅の関心が高まっているようです。
土地が高いとかいうのは理由にはならない気がします。
これには、電力会社の影響も大きいようですが。

話の中で、低燃費住宅の必要性について、今回のセミナーで氏がつよくいっていたのが、
エネルギー問題です。

まず、2008年〜2010年をオイルピークとして、これ以降は年々石油の採出量が減っていくという事
を上げ、さらに先進国のアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本の人口の合計が約6億人、
自動車の保有率は2人に1台。これに対して、インドと中国が人口26億人。自動車の保有率は
現時点で100人に3~4台という事です。しかし、近年めまぐるしい経済成長を見せている
このインドと中国が、先進国と同様の自動車保有率になれば大変な事になります。
10年後の予測としては、7〜10億台の保有数と考えられています。
つまり、原油は減っていくばかりなのに使う人は増えいるという事です。

さらに我々日本人のエネルギーの使い方を光熱費で過去40年からの推移について、
ガス、灯油代は2〜3倍、電気代は6〜7倍になっているという事。
しかし、ガス、灯油代については30年前頃から横這いで、それ以降上がっていおらず、
電気は40年前から右肩上がりという事。
これは、何を言っているかというと、我々のライフスタイルが電気中心の生活になっている
という事で、これは原発に依存した結果という事が分かります。
40年前から光熱費が上がることの理由にオイルショックがあります。
しかし、40年前の現役の世代が光熱費を払う事に高くなっていったという意識の人は
少ないようです。当然です、当時は物価やエネルギーコストの上昇以上に給与水準も
あがって行っていたからです。

これが、これからの時代にオイルショックが来れば・・・、光熱費が2倍3倍となる時代が来れば
今の我々の世代の家計に与えるダメージは深刻なものでしょう。40年前の高度経済成長の時代とは
状況が違います。
氏は、30年後の光熱費は3倍〜5倍になると想定されております。
30年後、光熱費が3倍〜5倍になったとしても、暮らすことのできる
低燃費な住宅が必要ということです。じっさい、氏は年間の光熱費が8万円を
目指して、家づくりをされているようです。
たしかに、これなら3倍の24万円になっても、月々2万円なら、
今の省エネではない普通の家の光熱費くらいですし、これなら無理なく生活できそうです。

ドイツをはじめEU諸国がエネルギーパスや省エネに取り組むのは、
輸入に頼らざ得るを得なくなった時、原油の高騰に備えて、
今のうちから、エネルギーを使わない社会の構築に着手しているためという事です。

なるほど、たしかに地球の環境や人の健康も当然大事なのですが、
EU各国は経済的な観点から見ても、国を維持するためという考え方をしているのだと
納得しました。

また、氏が最後に言っていたのが、原発に頼らない社会を、建築からつくるという事です。
日本の住宅のすべてが省エネ性能を高くしていけば、それができると言っておられました。
未来の子供たちのために、原発をなくす。

私もそう思います。

エネルギーパス制度というのは、一定の定められた省エネの基準の事ですが、
氏が代表理事をされている、日本エネルギーパス協会では、これをシュミレーションする
計算ソフトをもちいて事前に家の燃費を算出します。

当社でも、賛助しているパッシブハウスジャパンの建もの燃費ナビという計算ソフトを
つかって事前に家の燃費を計算することができます。

遅かれ早かれ、日本も建築確認同様に、燃費シュミレーションが義務付けられる日が来る事とと
思います。ちなみに長野県では、こういった事前のシュミレーションの検討する義務があるようです。

昨日のセミナーでは、今後の日本の省エネへ進んでおり、
それに今当社でも取り組んでいる事の方向性は正しいのだと確信が持てました。



現場監督日記、次回をお楽しみにexclamation×2


当社のfacebookページはこちら
右斜め下https://www.facebook.com/irodorinoie2013

当社のHPはこちら
右斜め下http://irodorinoie.com/
posted by スタッフ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場監督日記